って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

独身貴族

昨日、今日と、嫁さんと二人の息子は嫁さんの実家に行ってます。
体調不良の私は留守番、「独身貴族」(死語?)を楽しんでます。
おせちの残り(と言っても、我が家はいわゆるおせちは少々で、
メインは唐揚げやエビフライ...)を使って、卵とじの丼などを作り、
ゲームやDVD鑑賞しながら、ゆっくりしてます。

でも、今までサボってた海水魚の水槽や「元・私の部屋」の掃除、
台所の洗い物、洗濯物の取り込み、ハムスターのエサやり、など
結構やることもあって、ある意味、充実の二日間!?
でも、今日で正月休みは終わり....うぅぅ、短すぎる!(涙)
[PR]
# by teddy0021 | 2005-01-03 15:11 |  ダイアリー

第3回 【 MONSTER 】

c0020030_16435542.jpg
第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、
第3回手塚治虫文化賞 マンガ大賞、
第46回小学館漫画賞、を受賞した
浦沢直樹氏の秀逸な作品です。

レンタル・コミックの実験店となっているすばる書店白井店
さんで全18巻をレンタルして、読みきったものです。

ストーリー性が非常に高く、その展開のスピードで息をつかせません。
絡んでくる登場人物にも非常に味があり、どんどん引き込まれて行きます。
さすがに、たくさんの賞を受賞しただけはあります。

ドイツのある病院に、奇怪な事件を背景に瀕死の重傷を負った双子の一人、
「ヨハン」という少年が運ばれます。
将来を嘱望されていた日本人天才外科医Dr.テンマが命を救うのですが、
「命」の重さは平等とし、同時期に運び込まれた市長の執刀を拒否し、
市長の死の責任を問われ病院内でに窮地に立たされます。
院長ら上層部の怪死で逆に外科部長に出世しますが、その数年後、
失踪したあのヨハンが現われ、実は、殺人を犯し、
悪魔的な精神の持ち主であることが分かってきます。
その殺人事件の濡れ衣をきせられたテンマは無実の罪で追われながら
ヨハンを追って行くのですが、
ヨハンの双子の妹ニナ・フォルトナーとの関係が複雑に絡み合い、
関わる人々が次々と事件に巻き込まれて、ストーリーはどんどん深く.....。

YAWARA!」や「Happy!」とは、まったく違う分野で、才能をいかんなく
発揮する浦沢氏。本当にスゴイ!
ただ、コレクションには、まだ、加わっていません。
ちょっと凄惨なところがあって、子供にはまだ読ませたくないからか...。
レーティングは満点を付けるのをちょっと躊躇、
★★★★☆(4.5)ですね。
でも、本当に読ませる一作ですよ!
[PR]
# by teddy0021 | 2005-01-01 08:45 | ★お薦め?コミック
このカテゴリーでは、最初の書き込みとなります。
来シーズンが始めるまで、おさらいも含めて、少しずつ書きましょう。

今年は、LIONS、パ・リーグ、プロ野球界にとって、まさに激動の1年でした。
大きな問題は後回しとして、まずは、素直に嬉しい12年振りの「日本一」。

スカパーのCh739でプロ野球ニュースをやってますが、
昨日までの3日間は、LとDの今年の全試合分を放送してたので、
DVD/HDDレコーダーでしっかり録画し、ゆっくり楽しんでます。

では、それを見ながら、2004年を振り返ります。
序盤は一時最下位まで落ち込んだスタート。
松井(稼)が抜け、カブレラが骨折で数ヶ月ダメという状況でしたし、
松坂を除く主力投手陣も全体に年齢が上がり、スピードも落ちてる...。
FDHに3タテ食らった時には、正直、今年は無理かな?と思いました。
でも、札幌で立ち直りのきっかけを掴みます。
(To be continued)
[PR]
# by teddy0021 | 2004-12-31 23:49 | ★LIONS
昨日まで出勤でなかなか更新が進みませんでした。

年末の買出しも出遅れ。
活きた毛ガニも何とか見つけたものの、かなり割高についてしまいました。
今は、事情あって、禁酒しており、正月は飲んだくれになれません。
明日は「バービカン」で気分だけでも盛り上がろうっと!
[PR]
# by teddy0021 | 2004-12-31 22:53 |  ダイアリー

第2回 【 Happy! 】

c0020030_163212100.jpg第2回は、同じ浦沢直樹氏の「Happy!」です。

前回「YAWARA!」に★9個(10点満点)としましたが、
★の数を沢山打つのに間違いそうなので
5点満点で★は1点、☆は0.5点でやろうと
思い直しました(つまり、「YAWARA!」は★★★★☆[4.5])。

「Happy!」のレーティングは、★★★☆(3.5)ですね。
賛否両論あろうかと思いますが、やはり、「YAWARA!」の方を支持します。
理由は後述。あえて比較するのは、この二つのタイトルは、
登場人物設定やストーリー展開など意図的に似せていると思われるからです。

YAWARA!」の話や登場人物は第1回で語りましたので、置いとくとして、
「Happy!」はテニスが物語展開のフィールド、ヒロイン海野幸(ミユキ)は
両親をなくし、金貸しから逃げてる兄貴、幼く逞しい弟・妹たちを抱える
ビンボー系です。
肉なしの良く煮込んだカレーライス(ライスカレー?)が抜群に美味い、
基本的に素直で優しく純粋、でも気丈で頑張り屋の嬉しいキャラ。
苦難を乗り越え、テニスで上り詰めて行く過程、恋、生き方を楽しめます。

取立屋のチンピラ桜田純二が松田耕作役、ヒロインが憧れる先輩の
鳳圭一郎が風祭慎之介役、ライバルの大富豪・天才テニスプレーヤー
竜ヶ崎蝶子は本阿弥さやか役と立場や性格は若干違えども、
明らかに意識して設定を近づけていると思います。
もちろん、途中の展開や描こうとするものは違いますし、
ラストが決定的に違います。「YAWARA!」的ラストを期待すると、
「おぉ..!そう来るか!?」と思えます。
結局、「YAWARA!」に魅かれた読者に、似てるようで違うキャラ、
展開、描こうとするテーマを楽しんで欲しかったのではないでしょうか?

「Happy!」より「YAWARA!」が先だったのが評価の違い。
逆でも、評価がそのまま入れ違いにはならないだろうと思うのは、
私の好みかな? それでも、完全版15巻全部買ってしまいました。
買い直したというのが正しいけど(以前、コミックス全巻持ってたけど
ブックオフに売ってしまった。後悔...。当時、そこまで浦沢直樹氏の
マンガを継続的にフォローするとは思ってなかった...涙)。
[PR]
# by teddy0021 | 2004-12-30 14:11 | ★お薦め?コミック

初挑戦

初めて、ブログなるものにトライしました。

以前から「やってみたい」という気持ちがあったところに、
長男が始めたがきっかけになって「じゃあ.....」という気になりました。
少しずつ覚えていって、何とかサマになれば...と思ってます。

多趣味なんですが、これといって極めているものはありません。
やっているうちに、いくつか続けられるものが出てくるだろうと楽観してます。

まだ、他の人に読んでもらうレベルじゃないですが、もし読まれた人は、
「よろしくお願いしまーす!」。
[PR]
# by teddy0021 | 2004-12-26 20:24 |  ダイアリー

第1回 【YAWARA!】

c0020030_1628661.jpg
第1回は、YAWARA!から。

浦沢直樹氏は好きな漫画家の中でも筆頭格ですね。
まったく違うカテゴリーで、賞をもらった「MONSTER」や
「20世紀少年」はまたの回ということで.....。
このYAWARA!は、その内容も良質ですが、
柔道界に田村亮子が登場したこともあって、
浦沢直樹氏の名前をかなり前に押し出した功績も。

ブックオフでセット売り(全29巻)していたのを買って、寝る間を惜しんで読み切ったものです。
何度も読み返しましたが、飽きないですねぇ。
ヒロインの天才柔道少女「猪熊柔」のキュートさはもちろん、
滋悟郎じいさん、松田記者、ライバルさやか、風祭コーチ、などなど
登場キャラもみんな個性があって面白いですし、
恋、柔道、友情などをからめた展開そのものが楽しいです。

柔ちゃんがヤキモチ焼きでちょっと鈍いのも王道走ってくれてますし、
時にじれったくもありますが、最後の空港のシーンはけっこうジーンときました。
アニメ化された時、ヒロインが皆口裕子というのも私としてはしっくり来ました。
そう言えば、当時のややマイナーなアイドル「姫乃木リカ」のエンディングも好きでした。

あえて、レーティングすれば、★★★★★★★★★ですね。
満点でないのは、時々展開が読めてしまう(逆に安心感があるけど)ことですかね?
初回はこのぐらいで!
[PR]
# by teddy0021 | 2004-12-26 17:58 | ★お薦め?コミック