って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大変久し振りに書き込みます。

プロフィールにあるとおり、私は佐賀生まれ。
小学校は「がばいばあちゃん」の島田洋七氏が通った佐賀市立赤松小学校卒業です。
中学以降は、久留米、京都、横浜、東久留米、(カリフォルニア州Davis)、川崎、
(コロラド州Boulder)(ペンシルベニア州Pittsburgh)、川崎、印西、香港、印西と
移り住みましたが、佐賀をこよなく愛し続けています

8月4日より、妻と息子二人と愛犬BENJIを連れて佐賀に里帰りし、
佐賀東」のなぎなた、「神埼清明」と「佐賀女子」の新体操アベックVなど、
佐賀総体での県勢の大活躍に感動していました。
(最終的には団体5種目と個人1種目で6個の金。非常に良く頑張りました!)
県内の会場付近の人や佐賀の各高校生の、
他県の選手達に対する一生懸命のもてなしの姿勢にも、
「さすが、愛すべき佐賀人たい!」と嬉しくなったものです。

印西(千葉)に帰る8日に、佐賀北の甲子園初戦が始まりました。
初戦は何としてもTVで見たかったのですが、飛行機の時間と重なり、
弟からのメールで、初戦突破を知りました。
佐賀北は、佐賀市内に住む私の兄と、私と同じ千葉に住んでいる弟の母校。
愛すべき佐賀代表のチームには毎回応援していますが、
今回は普段以上に力が入りました。
総体での佐賀県勢の大活躍に続いてくれっ!と。

目標の「甲子園初勝利」を勝ち取った後、一戦一戦、力をつけていく選手達。
圧倒的に強いチームか、流れを掴み成長するチームが優勝するパターンが多い。
ましてや、94年の佐賀商優勝が同じ開幕戦勝利からスタートしただけに、
期待は一試合ごとに高まりました。
失礼ながら大敗も覚悟した、優勝候補の帝京相手に死闘を演じながら
サヨナラ勝ちにつなげた時、私の甲子園行きの心は半ば決まってました。

大事な会議もあったんですが、部下に代理を頼み込み!
初めは「佐賀は特に自分に関係ない」と言っていた息子達も帝京戦に感動したらしく、
付いてくると言います。
広陵は強い。でも、佐賀北にも勢いはある。
こうなったら、優勝を!
いや、たとえ優勝できなくても何とか心に残る試合をしてくれることを信じて、
日帰り甲子園ツアーを決行!

朝6時前に家を出て、新幹線等を乗り継ぎ、11時頃に甲子園に着いたら、
既に3塁側アルプスは売り切れ。緑のTシャツを着ている佐賀の人に聞いてみましたが、
一人なら何とかなるかも?って感じでしたが、3人なのでちょっと無理....
仕方なく、3塁側特別自由席へ。
もう、沢山の人がいましたが、ブラバンの直ぐ側の金網の側に陣取りました。
その時一塁側のアルプス、特別自由席はまだガラガラ。
これを見て、佐賀北には甲子園ファンがついてくれていると感じていました。

初回、馬場君がいつもどおりの安定した立ち上がり....「これはいけるかも!?」
1回裏は二つの四球でチャンスはあったんですが、無得点.....「これから、これから!」
2回にいきなり大ピンチ。2点を失い、予想より早い久保君へのスイッチ...「2点なら、まだ!」
それ以降は毎回ピンチの連続。毎回2塁打を浴びて、毎回スコアリングポジション。
......「久保君の無失点神話だけが頼り!耐え抜けば何とかなる!」
決勝まで素晴らしい守備で盛り立てていた野手陣が頑張ります。
まさに体を張った攻めの守り!
しかし、7回には、辛抱に辛抱を重ねた久保君の無失点神話も崩れ、
一方の佐賀北の攻撃はほとんどチャンスなしで8回まで一安打....「正直、厳しいか?」
「何とかワンチャンスを作って、1点でも取っとくれ!」
そしたら、何かが起こるはず!!

8回裏ワンアウト、無失点神話が途切れた代わりに、甲子園初ヒットが久保君に出て、
これが久し振りの佐賀北のヒット。スタンドの空気が一瞬で変わりました

「もう一本繋がれば!」との期待に応えてくれた新川君。
もう、「行け行け行け行け!」、「押せ押せ押せ押せ!」です。
息子達に、「立てっ!この回しかないっ!一気に行くぞっ!」と大声を上げながら、
アルプスの大応援団と共に熱狂。
満塁になった時点で、何かが起こるとの期待が....。
そして、井出君が押し出しを勝ち取ります。
1点あげた時のスタンドは、無茶苦茶にボルテージが上がって来ました
そして、あの、奇跡の、逆転満塁弾を副島君が!
心臓にちょっと問題を抱える私ですが、息子達や周りの人たちとハイタッチをしながら、
歓喜の雄叫び、そして、涙.........

「後一歩で栄冠も」と期待しながら甲子園に来たものの、
広陵の怒涛の攻撃に、大敗になるかもと私達が腹をくくり始めた時、
手も足も出ない状態まで追い詰められていた佐賀の公立高校の野球部に、
こんな劇的なシナリオを用意してくれていたなんて、
野球の神様って本当にいるんですね!!

9回のピンチも、冷静な守備で一気にツーアウト。
「あと一人」「あと一球」と、周りの佐賀にゆかりのある人たちと、
甲子園で佐賀北ファンになってくれた人たちと大合唱!
そして、ついに夢が現実に!!
最高の興奮と感動を多くの人と共有できたことは、一生の宝です。
息子達も、何か感じ取ってくれたと信じています。

監督、選手だけでなく、佐賀北に関わる全ての人たち、佐賀県民の人たちに、
そして、佐賀北の純粋な頑張りに応援してくれた人たちに、
「おめでとう」、「ありがとう」と言いたいです。

昨年の大会(決勝:早稲田実業vs駒大苫小牧)には、大会のDVDが発売されています。
今大会のこの感動は、昨年の大会と同じかそれ以上の感動を
全国の高校野球ファンに与えたものと思います。
是非、DVDの発売を期待したいものです
[PR]
# by teddy0021 | 2007-08-24 13:34 |  ダイアリー
c0020030_2064515.gif
 
万博世代とは、少年時代に「EXPO’70」を経験し、70年代に青春時代を過ごした世代。
ある人は、「ウルトラQをリアルで見た」とか、「大阪万博(正式名称:日本万国博覧会)で
月の石を見るために長いこと並んだ」ことが自慢だそうだ。
浦沢直樹氏の「20世紀少年」を読んでいて、ケンジたちの少年時代に懐かしさが
こみ上げてきたら、あなたも万博世代!?
カラオケでちょっと懐かしいメロディを歌いながら、その頃を想い出してみませんか?

そんな万博世代のオジさんによる【マンガ】と【LIONS】を中心としたページです。
万博時代に少女だった方万博時代を知らない若い方でも、もちろん大歓迎です。
目にとまる記事がありましたら、自由にコメント、トラックバックしてください。


★上の絵はイラスト工房 さんの素材を利用しています

お薦め?コミックについて
  私が読んだコミックのレビューです。多少、ネタバレも含んでいます。
  描かれた時の世相、私の思い出、関連した情報も載せているケースもあります。
  
 [ 掲載済・予定の作者一覧 : 50音順、敬称略 ]  ※太字レビュー掲載作品あり

   あ行  青柳裕介 青山剛昌 赤松健 あだち充New! 石森章太郎 一条ゆかりNew!
        一色まこと 一色登希彦 井上雄彦 猪熊しのぶ 岩館真理子New! 上田倫子
        上原きみこ 楳図かずお 浦沢直樹 浦野千賀子 大暮維人
        大島弓子 荻野真 尾瀬あきら 尾田栄一郎 小畑健

   か行  垣野内成美 桂正和 川三番地 神尾葉子New! 河合克敏 かわぐちかいじ
        関崎俊三 菊田洋之New! 岸本斉史 きたがわ翔 鬼頭莫宏 木尾士目 
        清原なつの くらもちふさこNew! 車田正美 古賀新一New! 許斐剛 小山ゆう

   さ行  桜木雪弥 貞本義行 佐藤秀峰 さとうふみや 佐藤マコト 里中満智子
        沙村広明 篠崎まこと 篠原千絵 島本和彦 曽田正人 園田光慶

   た行  高田裕三 高橋しん 高橋亮子New! 高橋留美子 竹宮惠子 太刀掛秀子
        たなかじゅん 田中モトユキ 田淵由美子 ちばあきお ちばてつや
        手塚治虫 冬目景

   な行  中島徳博New! 中原裕 永井豪 二ノ宮知子

   は行  萩尾望都 橋口たかし 福本伸行 藤島康介 藤田和子New! 藤田和日郎
        文月今日子 外薗昌也 星里もちる 星野泰視 細野不二彦

   ま行  槇村さとるNew! まつもと泉 水島新司 満田拓也 陸奥A子
        村枝賢一 森薫New! 森川ジョージ

   や行  安彦良和New! 山口譲司 山田貴敏 大和和紀 山本おさむ
        ゆうきまさみ 横山光輝 吉崎観音

   ら行  雷句誠

   わ行  和月伸宏
[PR]
# by teddy0021 | 2006-07-31 23:59 |  ブログ・コンテンツについて
最新アップ : 12月26日 第100回 【 愛のアランフェス 】 ・・・ 槇村さとる

作品名をクリックすると、その作品のレビューへと飛びます
New!マークは最近アップしたものです

あ行
青柳裕介   土佐の一本釣り
あだち充    タッチNew!
一条ゆかり  砂の城New!
一色登希彦  ダービージョッキー
一色まこと  出直しといで! 花田少年史 ピアノの森
井上雄彦   SLAM DUNK
岩館真理子  月と雲の間New!
上田倫子   リョウ
上原きみこ  ロリィの青春 炎のロマンス
楳図かずお  へび少女
浦沢直樹   YAWARA! Happy! MONSTER 20世紀少年 初期のURASAWA
浦野千賀子 アタックNo.1
大島弓子   つぐみの森 いちご物語
尾瀬あきら  光の島

か行
垣野内成美  午後3時の魔法
神尾葉子   花より男子New!
河合克敏   帯をギュッとね! モンキーターン
かわぐちかいじ 沈黙の艦隊 EAGLE 告白~コンフェッション~ 生存~LifE~
菊田洋之   ガンバ!Fly highNew!
岸本斉史   NARUTO
くらもちふさこ いつもポケットにショパン 天然コケッコー 海の天辺New!
古賀新一   白へび館New!
小山ゆう    おーい!竜馬 あずみ

さ行
貞本義行   新世紀エヴァンゲリオン
佐藤秀峰   海猿
沙村広明   無限の住人 おひっこし~竹易てあし漫画全集~
篠原千絵   天は赤い河のほとり
島本和彦   逆境ナイン
曽田正人   シャカリキ! め組の大吾

た行
高田裕三   3x3 EYES
高橋しん   いいひと。 最終兵器彼女 好きになるひと さよなら、パパ。
高橋亮子   つらいぜ!ボクちゃん しっかり!長男 坂道のぼれ!New!
高橋留美子  めぞん一刻
竹宮惠子   ファラオの墓 風と木の詩
たなかじゅん ナッちゃん
田中モトユキ リベロ革命!!
ちばあきお  キャプテン プレイボール
冬目景     黒鉄~KuroGANe~

な行
中原裕    奈緒子 奈緒子 新たなる疾風
永井豪     デビルマン
中島徳博   アストロ球団New!
二ノ宮知子  天才ファミリー・カンパニー のだめカンタービレ GREEN ~農家のヨメに...~

は行
萩尾望都   この娘うります! 11人いる!
橋口たかし ウインドミル 焼きたて!ジャぱん SCISSORS
福本伸行   告白~コンフェッション~ 生存~LifE~ アカギ~闇に降り立った天才~
藤田和子   真コール!New!
藤田和日郎  うしおととら
星里もちる  ルナハイツ りびんぐゲーム
星野泰視   哲也 ~雀聖と呼ばれた男~
細野不二彦 ギャラリーフェイク 太郎 さすがの猿飛 幸福の丘ニュータウン

ま行
槇村さとる   愛のアランフェスNew!
まつもと泉   きまぐれオレンジ★ロード
満田拓也  健太やります! MAJOR
村枝賢一   俺たちのフィールド
森薫      エマNew!

や行
安彦良和   王道の狗 蚤の王 機動戦士ガンダム THE ORIGINNew!
山田貴敏  Dr.コトー診療所
大和和紀   はいからさんが通る
山本おさむ   どんぐりの家
ゆうきまさみ  じゃじゃ馬グルーミン★UP! 鉄腕バーディー
横山光輝   伊賀の影丸 仮面の忍者 赤影
吉崎観音   ケロロ軍曹

ら行

わ行
和月伸宏   るろうに剣心

※ 作者 : 50音順・敬称略 / 作品 : 掲載順
[PR]
# by teddy0021 | 2006-07-31 23:58 | ★お薦め?コミック
3連休最終日の昨日、千葉市の蘇我地区にある映画館まで遠征し、
B&B島田洋七氏原作の映画「佐賀のがばいばあちゃん」を見てきました。

2週間程前に、すばるさんのレンタル・コミックの新刊コーナーに
がばい」の文字を発見!
(佐賀弁で「とても」という意味です。「すごい」とも訳せないことはないかな?
「がばいすごか」と子供の頃しゃべっていたし、「とても」の方がしっくりきますけど。)
佐賀出身の私は、もしや...と思い、良く見てみると、「佐賀の...」と書いてあるではないですか!
もちろん、速攻で借りました。
読んでみると、冒頭部分で、洋七氏が広島から佐賀に移った時、
転校先の小学校の絵が....ここで私の心が騒ぎ出しました。
佐賀城跡にある」...城門や校舎の姿にも微かな記憶があります。
そうなんです。
なんと彼が転校した先は、私が6年間通った「赤○小学校」なんです!
(ちなみに姪っ子2人とも、「赤○小」「城○中」の卒業生。
今は、もとの「城○中」のところに「赤○小」が移転して、
もとの「赤○小」は「佐賀城本丸歴史館」になっています。)

ということで、私の気持ちは一気に「がばいばあちゃん」へ。
調べてみると、もとは小説であり、最近、映画化もされている。
(後で聞くと、ヨメさんは知っていたようです。もっと早く教えてくれっ!)
映画情報を調べると、まだ、上映している映画館もある...
居ても立ってもいられず、家族全員に、「緊急指令!!」
「今度の休日には、絶対「がばいばあちゃん」を見に行く!千葉市か銀座で。
食事も全て奢るので、絶対参加!」と。

ヨメさんも子供達も、「えー!?」「絶対、カスい!」「一人で行けばぁ?」
「パイレーツ・オブ・カリビアンなら良い」「お昼は寿司!!なら許す」とか...ひどいことを言います。
私も、映画自体が面白いという自信は無かったですが、
愛すべき佐賀が舞台で、私の小学校が出てきて...という点に大きな価値があり、
話の内容からも、昔の人の美徳や人情が感じられるのではないか...という期待もあって...
とにかく、決行しました。

道路が意外に空いていて、1時間足らずで着いてしまいました。
チケットを購入する時、自分で席を選べるシステムなんですが、
「レッド」の席が5つで、200席ぐらいが「グリーン」...
「危ない!あと5席しか空いてないのか?」と思ったら、まったく逆で、5席以外は空席(苦笑)。
「一番見やすい席をお願いします!」と頼んだわけですが、
子供達からは、「やっぱり誰も見ないんだぁ。僕らだけじゃないの?」とバカにされる始末。
「もう封切られて長いんだから、仕方がない。始まる頃には20席以上は埋っているハズ!」と
断言したりして...。

映画の内容は、専用のHPもあるので、譲るとして...
笑えました。そして、泣けました。
「これでもか!?」という押し売り的な感じではなく、じんわりと、優しく心に入ってくる感じで...。
結局席が埋っていたのは25席ぐらいでしたが、ほとんどの人が涙していたようです。

バカにしていた下の子が、終わった後で、
「感動した!おとうさん、ありがとう。良いものを見せてもらいました。バカにしてすみません。」と。
ヨメさんによれば、下の子は、上映中、ボロボロ泣いていたそうです。
上の子は、泣きはしなかったものの、
ケチはダメ!節約は天才!」のセリフが気に入ったようです。
笑えて、為になる、「がばいばあちゃん」の言葉の数々....良いですよ!
寿司代はともかく....家族全員を連れて行って良かったぁ!
[PR]
# by teddy0021 | 2006-07-18 17:33 |  ダイアリー
4月に「ほんの日記」のブラッドさんから受け取っていたバトンの回答です。
どういう名前のバトンなのか、正直、良く知らないんですが...(苦笑)
しばらくお時間下さいという感じでお願いしておきましたが、
本当に時間が経ってしまいました。すみません。もう賞味期限切れ!?

(1) 回してくれた方の印象をどうぞ

★真面目で一生懸命な方。
★周りの環境を十分に頭に入れて線引きが出来、可能なところまで頑張ってみる前向きな方。
★家族を大事にする愛情豊かな優しい方。
★かなりお酒に強い方。

(2) 周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

「子」ではないのですが...
★調べること、裏を取ること?が大好き(家族、親戚含め、皆そう言います)
★サービス精神・接客態度に厳しい(飲食店などでの受けが両極端...苦笑)
★やさしい(ヨメさんを除く私を良く知る女性陣はそう言ってくれます。社交辞令??)
★酔うと良く分からない説教をする(ヨメさんや息子に良く言われます)
★普段動かない(同上、今の体型はこれが最大の原因!)

(3) 自分の好きな人間性について5つ述べてください。

★細心大胆な人
★理知的な人
★前向きな考え方が出来る人
★誠実な人
★正義を貫ける人

(4) では反対に嫌いなタイプは?

★無鉄砲、無軌道な人
★独りよがりが激しく自分勝手な人
★常識に欠ける人
★高圧的な人
★流行・ブランドばかり追いかけている人

(5) 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

★人情味があって、大事なときに大きな決断が出来て、意志を貫ける男!
  具体的には...うーん?

(6) 自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

恥ずかしくて、叫べませんが...
★「私も好きだヨ~!これからもお付き合いヨロシク!」

(7) そんな大好きな人にバトンタッチ5名!<印象つき>
(8) タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください。

...これが出来ないのが、私の弱点!

そういえば、ブラッドさんが書かれた私の印象は「お茶目」でした。
うちのヨメさんの私の父に対する印象が「お茶目」だった気がします...
「堅物」と言われるよりは、ホメ言葉なのかなぁ。そういうことにしておきましょう!(笑)

こういう質問、息子達にでも聞いてみようかな?
自分を見つめ直すのは良いことですし...ネ。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-07-11 12:38 |  ダイアリー
c0020030_12515874.jpg

しばらく、ブログから...パソコンから?...遠ざかっておりました。
にも関わらず、アクセス数を見ると、多くの方にご訪問頂いていたようで、大変恐縮しております。
ありがとうございました。
本格的に復活するには少々時間がかかりそうですが、ひとまず、近況をば...。


1、体調不良(=病気)からは70%の回復...(というか、これ以上は短期的には難しそう)。

2、年末までの忙しさが、年度末まで延び...そうこうしているうちにお尻に火が付きそうになって
  ここ数ヶ月、非常に真面目にお仕事に励み....何とか人事異動のターゲットから脱出!

3、ライオンズの応援は、スカパー、文化放送、NACK5で続けています。
  苦しい投手陣を若い野手陣が引っ張る「いい感じ」。
  佐賀出身の福地選手の直向きなプレーと、韋駄天ぶりに感激!

4、マンガは、shortさんにお借りしているものと、すばる書店のレンタルコミックと、
  継続的に買っているいくつかのコミック群(20世紀少年、ジパング、
  機動戦士ガンダムThe Origin、Major、エマ....)
  で、以前よりややスローペースながら満たされています。

5、海水魚飼育はほぼ順調です。現在12匹が遊泳中。
  下の子に掃除してもらった後、砂を巻き上げた反動で数匹★になりましたが、
  その失敗を活かして、ここしばらくは★を見ていません。
  水槽掃除のお助けバイトは高校生になった上の子がやってくれています。

6、4月下旬より、目の前に出来た「スポーツクラブ」に通っています。
  と言っても、せいぜい週に1~2回、プールで歩くだけですが...(苦笑)

7、最後に、生後6ヵ月になったBENJI君。
  基本的には、お利口になって、可愛いヤツです。
  トイレもきちんとできるようになったし、シーツを破ることもなくなったし、
  お座り、お手、お替り、伏せ、の高速・連続芸もこなせます(笑)
  でも、イタズラ好きは持って生まれた性分のようで、「面白いものはないか?」と各室を徘徊。
  ピザパンを盗み食いして味をしめてからは、
  食卓のイスに飛び乗って物色!(上の写真の状態。もちろん、怒るんですけどね)
  私のパソコン机は、かじられては困る物を載せる避難所になっており、
  パソコンが埃を被っているんです...(涙)
  私に大きな声で怒られると、シュンとして、どこかに行くんですが、
  わざとオシッコを普段と違うところにやったりして...。
  普通の怒り方で済む場合は、時々足元に寄って来てペロペロとご機嫌取りをやってます。
  体重は一時7.6kgまで...その後、お腹こわして絶食&ダイエット食となり、現在6.6kg。
  でも、食欲は完全に戻り、そろそろリバウンド方向かな?
  下の写真は、トリムに行った美容室?で撮ってもらった写真です。
  テリア系は「プラッキングやストリッピング」(=毛を抜いてあげる)をしないと
  本来のテリアの毛質を保てないそうです(痛そうだけど、気持ち良いらしい??)。

と、会社のパソコンから近況でした。

c0020030_12505377.jpg

[PR]
# by teddy0021 | 2006-07-10 13:12 |  ダイアリー
c0020030_22101963.jpg
c0020030_2214331.jpg

【上】・・・BENJI(色:ブラック&タン)

体調は最悪期を脱し快方に向かっていますが、
年度末近くの忙しさに加えて社内のプチ引越しもあって疲れ気味の私...
飲まずに帰って(まだ飲んじゃいけないのですが...)、家でゆっくり休むというところですが、
帰ると、2週間前に我が家にやってきた子犬BENJIがいるのです。

癒されるはずだったのですが...
このBENJI君が実にワンパク!!
ノーフォーク・テリアという成犬で5~6kgしかない小型犬なのに、
3ヵ月弱で3.8kgもある!!
(日曜にワクチンを打ちに行った時に計ったので、もう4kgに達しているかも?)
とにかくスゴイ食欲で、30秒でふやかしたドッグフードを完食!
これが3ヵ月児なの!?というほど、手足もしっかりして、力も強い!
まだ、噛み癖があってけっこう痛いですし、
喜んで突っかかってくると頭突きを受けてしまいます。

現在、「トイレ」と「お座り」と「待て」の勉強中。
でも、なかなか大変です。
来た日から、「無駄吠えしない」ところはお利口なんですけどね...
でも、おとなしくしている時は可愛いもんです。

写真はオーナーさんのところにいた頃のものです。(2ヵ月~2ヵ月半ぐらい?)
今はカメラや携帯構える余裕がありませんので...必ず突っかかってきます(苦笑)

【下】受け取りに行く日の朝の3兄妹(実はBENJIは末っ子なのです)

c0020030_22134718.jpg
[PR]
# by teddy0021 | 2006-03-30 22:21 |  ダイアリー
法事で佐賀に帰った時のお話、その2。
身内の恥を晒すようなお話になってしまいますが...

実家に着いた時に気付いたのですが、
何やら大きく、重い、段ボール箱が人数分置いてあるのです。
その時はあまり気にしてなかったのですが、
そのことで兄と義姉が慌てていました。
法事で、その日に渡す引出物がありますが、
その箱の中身がどうやらその「引出物」らしいのです。
段ボールの中を覗いて見ると、何と、7.2Kgの洗剤
全ての段取りを行ったのは、父。
ギフトショップの社長と仲良くなったようで、
兄によると、今回だけでなく、歳暮や中元もそこに頼めと言ってくるらしい....

名も知らぬブランドの洗剤を選ぶセンスもとんでもないが、
その7.2Kgの洗剤を、「持ち帰る」引出物と考える神経が信じられない!

特に来る人達は70歳前後のお年寄りなのに....
兄や義姉も当然同じように思って、
仕方なく、代わりの引出物をデパートで揃え、
捨てるわけにも行かないので、
洗剤は宅急便で送るように手配していました。
親父の性格や思考回路は知り抜いているわけですが、
今回の件は、さすがにショックでした。

法事や親戚の相手を終えての日曜の夕食は、
私を含めた兄弟3人だけで、近くのカレー屋へ。
そこでの話は、父の問題発言・行動をぶちまける会となりました。
数え上げればキリがありませんが、一緒に暮らす兄家族が可哀想になります。
いろいろ問題を指摘し、さとしても、親父は聞いていないのだそうです。
「人の話を聞かない」「常識に欠ける」....これが父の最大の欠点なのです。
こういうタイプの人間が物事を仕切ろうとする....最悪ですよね。

私は父と良くお付き合い(一緒に飲む)をしてきたので、
私の言うこと(かなり厳しいことを言います)は割と聞いてくれますが、
しばらくすると、まったく忘れています。
「おとぼけ」とか「おちゃめ」で済まされるレベルではないのです。
これは所謂「ボケ」ではなく、生まれつきの部分であり、
最近はさらに「ボケ」も加わっているので、手の付けようがありません。
父が義姉に話していました。「●●(私)は引出物そのまま千葉に持ち帰っけん」
私、即座に、「冗談じゃなかっ!!だいがそがん重かとを持って行くかっ!」(怒)

自分達の親なので、もちろん、見捨てたりはしません。
しかし、この父に毎日顔を会わせなければならない兄家族の気持ちを思うと辛い。
兄は朝5時前に起きて、家に戻ってくるのは夜9時~10時。(会社は家の目の前)
仕事に没頭するのは、父と顔を合わせたくない部分もありそうです。
義姉は非常に優しい、出来た人ですが、それでもキレそうになるのを見たことがあります。
兄弟3人が同じことを思ってしまいました。
「あぁ、おふくろが生きていたらなぁ...」
母が早く他界してしまったのは、そういう親父に毎日付き合い、
その言動が周囲に及ぼした後始末を一生懸命にしていたからかも知れません。
そして、兄曰く、「2~3日で良いから、どこかに連れ出してくれ。」

今年の夏は、私の家族で何日か面倒をみようと思ってます。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-03-07 16:28 |  ダイアリー

佐賀城下ひなまつり

c0020030_13305684.jpg
先週の土曜~月曜まで、
法事(母の7回忌)で里帰りしていました。

千葉の同じマンションに住んでいる弟と一緒に、
朝4時台に起きて、ANAにて佐賀へ。
空港までの電車の中と飛行機の中は
長男から借りたPSPで
「テイルズ・オブ・エターニア」。
佐賀空港到着後、直接、墓参りに行ってから実家へ。
11時半には、姪っ子と共に、「若柳食堂」へ...
このために、早起きしたんです(笑)
次の便では、お昼に間に合わないので。
胃をやられているにも関わらず、大盛りなんか注文してしまいました。
相変わらず、ここのちゃんぽんは「絶品!!

翌日は、11時から7回忌の法要。
正座がツラい!
集まってくれた親戚をもてなすために、
明治15年創業の「楊柳亭」で精進会席料理。
美味しい料理ですが、精進料理は私には少し物足りない...
まぁ、法要なんだから当然ですけどネ。
久し振りに、ビールをちょっと飲んだのですが、
お腹が膨れて、胃が痛い....まだ、無理は出来ないようです(涙)

親戚の人たちの話では、「佐賀城下ひなまつり」が好評らしい。
佐賀市産業部観光・文化課のサイトでは、次のように書かれてました。
佐賀城下に春の訪れを告げる「佐賀城下ひなまつり」。
鍋島家伝来の雛人形をはじめ鍋島小紋や手織り佐賀錦など
佐賀ならではのおひなさまが絢爛豪華に勢ぞろいします。
佐賀市の歴史的な建物とともにゆっくりと観賞してみませんか?

ひなまつりは、3月3日だけでは?と思っていましたが、
この観光イベントは2月18日~3月31日という期間で楽しめるとのこと。
男3人兄弟の次男で、娘もいない私にはピンとこない部分はありますが、
70歳前後の伯母、叔母達が「すごく綺麗だから、一度は見てみなさいよ」と勧めていました。
何年前からこうしたイベントが出来たのでしょうか?
少なくとも私が小さい頃は無かったなぁ...
でも、愛すべき小県「佐賀」の「インターナショナル・バルーン・フェスタ」に続く観光イベント。
是非、長く続けてもらって、佐賀以外でも名の知れたイベントになって欲しいものです。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-03-07 13:34 |  ダイアリー

新しい家族!

私自身を含め、身の周りでいろいろストレスがかかることが多い...
ということもあって、「癒し」が必要では?とヨメさんや子供達が言います。
その流れに押し切られ?、
家族の中で一人反対派に回っていた「犬を飼う」ことに賛同してしまいました。
(もともと犬好きですが、運動不足解消などという名目で散歩役に強制指名されそうで...)

家族からは、「トイ・プードル」「ミニチュア・シュナウザー
柴犬」「ヨークシャーテリア」「ウェルシュコーギー」...などの候補が上がりました。
ひとたび飼うと決めたからには、私にも意見を言う権利が!
私がはじめに候補に上げたのが、「セントバーナート」!
セントバーナート」をリーダーに、中大型犬を8匹揃え、
名前は「犬飼現八」とか「犬塚信乃」とか...
通勤は、8匹にシートを持たせて、私がその上に乗って駅まで...
なんて言っていると、ヨメさんは大受けしてましたが...
さすがに本気にはしてくれません。
これなら、絶対TV局が番組作ってくれそうなのだが...(笑)
(まあ、スペース、体力、財力、全てで無理ですが)

それはともかく、各人が勝手な事を言っていると全然決まりません。
「小型」「利口」「丈夫」「可愛い」などの条件を満たす犬を探していると...
ありました!一目でピーンと来ました。
ノーフォークテリア」という犬種で、日本にはまだそんなに多くないそうです。
近くのペットショップで見たことはありません。
家族も基本賛成意見が多く、この犬で行く方向へ。
「ブリーダー」とか「ペットショップ」とかいろいろ探しているうちに、
子犬の出産情報の中に、普通の家庭で生まれた犬が...
父犬の名前が、何と!「TEDDY」!!
心の中で「絶対この犬だ!」と叫びましたネ(苦笑)

「それでは、まず、見に行こう」ということになって、
1週間ほど前に、1泊の小旅行を兼ねて、神奈川の三浦半島へ。
オスが2匹、メスが1匹ですが、メスは未熟児だったそうで、譲られるのはオスの2匹。
お兄さんは「レッド」の毛色で、活発、人見知りしない感じ、
弟は「ブラック&タン」の毛色で、まるまるの健康優良児?で意外に慎重派?
どちらも可愛かったですが、
帰りの車での話し合いで、ブラック&タンの弟君に決めました。

引き取りは来月中旬の予定ですが、名前はもう決めました。
BENJI」(ベンジー)です。
1975年ぐらいに作られた映画「BENJI」に良く似ているところから取りました。
土曜日はワンちゃんの必要グッズを一式買って、受け入れ準備OK!
今から待ち遠しいです。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-02-27 12:52 |  ダイアリー
珍しく、会社でのお話。(会社での事はあまり書かないようにしているのですが...)

昨日は、私が勤める会社で嬉しい事(主力商品?が何やら賞をもらった)があったので、
そのお祝いにと、社長主催で、レストラン(路地裏にある隠れたステーキ屋)で昼食会。
社内で最大の人数を抱える本部の本部長以下、何名かが招かれました。
私と部署も関係が深いので、メンバーに入ったのでしょう...
体調が優れないこともあって、本当は出たくなかったのですが、
まさか、社長が主催する昼食会を欠席するなんて勇気はない...

社長が着く前にレストランの個室に入ったのですが...
席を決めるのに本部長が何か言っている。
しかし、皆はそれが聞こえないかのごとく、
さっさと席に着いていくではないですか!?
残された席は....三つ。当然、その真ん中は社長のために空けてある...
その左隣の席は本部長。格から言って当然。
残りは一つ...私は社長の右隣!...これは大失敗!
ただでさえ、あまりしゃべりたくない状態なのに、
隣の席を引いてしまうなんて...
だから皆が我先にと席を埋めていったのかぁ?
時、既に遅し。

社長のお気に入りの店らしく、
「このサラダのここが良い」
「この柔らかい肉は牛タンなんだ」
「君たちには、ロースとヒレのダブルメイン」
「土曜日には奥さんも連れてくれば?リーズナブルだから」
などと言われる横で、食べ残すわけにも行かず...
確かに美味しいんだけど、
座ってるポジションのストレスに加えて、胃もやられている私にはツライ。
いろいろな薬を飲んでいて、何だかボーッとしている私は、
会話もこちらから切り出すことなく、
話を向けられれば、「無理やり作った微笑みを交えて頷く」の繰り返し。
心の中で「早く終わらないかなぁ...

そして、残り5分ぐらいになった頃、
社外でのプレゼンテーションの話になっていました。
社長が私の顔を見ながら、(本部長に向かって)
●●君をもっとしゃべらせるようにしろ」とのお言葉。
でも、立ってしゃべらせないように。ちゃんと企画してな。」だと...
えっ?どういうこと?私が立ってプレゼンすると何か不都合が?
立っちゃいけないんだよ。●●は、座ってしゃべると実に雰囲気があるんだよ。
これは、周りの驚いた反応を見た社長のフォローと思われますが、
つまり、立った時の私(●●)の見てくれに問題がある(背丈か?お腹か?)ので、
せめて座って、目立たないようにして、プレゼンしなさい
ってことみたい。

まぁ、事実なんでしょう。
「見てくれ」に自信はまったくないですから。
でも、皆の前で言うかなぁ...
本人だって、気にしてますって!
アメリカなら、訴えられるんじゃないの?
でも、そこは、サラリーマン人生のつらいところ。
「実に雰囲気がある」というフォローの部分だけに反応し、
照れながら、笑って、「恐縮です」と...

その日は、胃がもたれて、気分の優れない午後でした。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-02-11 06:10 |  ダイアリー
我が家で久し振りにHITできた「賞品」である、
お年玉年賀はがきの3等「地域の特産品小包」。
ヨメさんが、郵便局からカタログをもらってきました。
家族全員で、あれがいい、これがいいと盛り上がりました。
当たったのは私と言おうものなら、「お父さん、大人気無い」と無視。
まったく決まりそうにないので、各人のトップピックを出し合い、
あみだくじをやることに...

ヨメさんの第一希望は「紀州梅干し」だったのですが、
私:「却下!食べるのはお母さんだけだ」
子供達:「梅干しだけは絶対にイヤ!」
で、あえなく引き下がり、「辛子明太子」に。
まあ、私も「辛子明太子」好きですが、下の子はもっと好きで...

私は、第一希望「毛がに」!
プロフィールのままですね(苦笑)
オードブルセット」「御殿場高原ソーセージ」「さつまあげ詰め合わせ」も
捨てがたかったのですが、「塩分が多そうなので、高血圧のお父さんにはダメ」と...
「毛がに」は下の子からも「それも悪くない」と消極的な賛同の声。

上の子は、当初、「黒毛和牛モモステーキ」だったのですが、
「うちの食いっぷりでは400gではまったく足りない!」ってことで、
かつおたたき」に落ち着きました。
スーパーで安売りされていたイメージからか、「損かなぁ...」と迷いながらも...

下の子は、毛がによりは食べやすい「ずわいがに」。
まあ、「カニならばOK」と私が消極的賛同でエントリー。
こいつ、もうすぐ私の食のライバルだな!

エントリー4品は、結局、全て海産物になり、
いよいよ、あみだくじを作る段階に...
ここで、ヨメさんがチョンボ。
くじの上に家族の名前があるのは良いのですが、
くじの行き先には、何と上記の商品名が並んでいる...
これじゃ、くじにならない!
っと、皆に責められて、すでに戦意喪失(おおげさですね)。

「あたり」と「はずれ」3つを書き込んで、やりなおし。
......結果は、下の子推奨の「ずわいがに」に決定。
食べるときは、下の子が主張するんだろうな、「オレが選んだんだ」と。
当たったのは「私」なのだが...(涙)
それにしても、
こんなことで盛り上がれるのは、平和な家ってことでしょうか?

[PR]
# by teddy0021 | 2006-02-06 12:45 |  ダイアリー
1月は、心臓カテーテル検査、胃内視鏡検査などで海水魚水槽の掃除ができず、
掃除しなければ!と思いながら、
未だ体調が十分でなく、上下2槽の水槽掃除は厳しい。
しかし、12月10日前後に掃除したきり手付かずだったので、
さすがに、茶ゴケがビッシリという状態になってしまいました。

ここで、お小遣いの余裕がなく、買いたいものがいっぱいの下の子に、
「水槽掃除のアルバイトやらない?」と聞いてみると、
報酬次第ではやっても良いという返事。
まあ、素人だし、1,000円かな?と思いつつ、
交渉の発射台は低く抑えたい気持ちから、「500円でどう?」。
(プロなら幾らでしょう?5,000~10,000円かな?)
息子は、「えっ、500円!やる、やる!!」と。

要領を説明しながら、スタート。
強すぎず、弱すぎずの力加減や、砂を撒き散らさない気配りなど、結構大変です。
しかし、ここでヨメさんの邪魔が...
「何やらせているのよ!...バイト?....500円!?安過ぎ!」だと。
まあ、安過ぎなんですが...教育の一環です!(苦笑)

せっかく頑張ろうとしていた息子の態度が一変。
少しやると、「あぁ、疲れた」「ここは無理」などと...
仕方ないので、「頑張り次第で、ボーナスつけるから!」
息子のやる気が回復!(ここで700円ぐらいを想定)
しかし、やればやる程、如何に大変かが分かってきたらしく、
「700円や800円じゃ、やってられないな」
.....「分かった。1,000円にしよう。」
大台?到達によって、最後まで終わらせようという気になってくれたみたい。

初めてなので、どうしても時間がかかってしまったこともあるのですが、
茶ゴケ+緑ゴケがこびりついて容易に取れない状態で体力も相当使ったようです。
私の手伝いを入れても、スタートから4時間ちかくでようやく終了。
結構、完璧主義だったみたいで、非常にきれいになりました。
ヨメさんの度重なるチャチャのお陰で、「1,000円+α」を期待する息子。
感謝の言葉を添えて1,000円渡すと、
「えー!1,000円+αじゃないのぉ?」と不満顔。
仕方ないので、右手に隠していた200円を追加すると、「おぉ!!」と大喜び。
(200円の違いって、そんなに大きいのでしょうか?)
このままでは、次回に響きそうなので、
「この200円は、次回の予約料だからな!」といって指切りゲンマン。
何とか、基本料は1,000円ってことで、逃げ切り!

「1,200円」の報酬を聞いて、上の子が「次はボクがやる」とな。
時給300円!とコストパフォーマンス悪いバイトだけど、
小遣い水準の低い我が子達にはまだ効きそう(笑)
[PR]
# by teddy0021 | 2006-02-06 11:04 |  海水魚飼育
今朝のお話。

昨日、京都に住む、102歳になるヨメさんの祖母(母方)が他界。
その娘も孫ももう亡くなってしまっているそうで、
また、いろんないきさつから、ほとんど付き合いがなかったようなんですが、
さすがに、血の繋がった人が亡くなっただけに、
ヨメさんは今日の告別式に行くことになりました。

電車の時間に遅れそうというので、急遽、車で駅まで送って行くことになりましたが、
車のフロントガラスが霜で真っ白。
暖気しながら、僅かに融けた部分から外を覗きながら発進。
8分前に駅の近くのロータリーに着いて一安心。
家に戻って、車から降りようとすると、私のクラッチバックが無い!!
助手席の周りや、運転席から後ろのシートを見ましたが、やっぱり無い!

助手席に荷物いっぱい抱えて乗ったヨメさんが怪しい。
過去、何度か私のバッグを持ったまま降りた経緯があり、
そのまま持っていった可能性が大きい。
近くならいざ知らず、これから京都へ行くわけで、それも一泊予定。
これから上の子の制服や運動着などの採寸に高校まで行かなきゃ行けないところに、
財布やらカードやら免許やら満載したバッグが...これは困った!
電車が来るまで後4分。
えーい!駅までGO!

2分で着いて...心臓のことも気になりますが、多少走らざるを得ない。
駅員に事情を話し、ホームへ!
ちょうど電車が入ってきました。
降りた階段の方にはいなかったので、もう一つの階段下に向かうとヨメさんが...
しかし、電車のドアが開いて、ヨメさんも入って行く...
私も仕方なく乗り込みました。

息を切らしながらヨメさんに尋ねると、
「後ろのシート(運転席の真後ろ)にポンと投げたわよ。言ったけど。」だって。
まあ、言ったのかも知れませんが、
霜の間の僅かな隙間から外を見ながら、
細心の注意を払って運転していた私にはまったく....
「ちゃんと後ろを確認すれば良かったのに...」とのこと。
今までの経緯と時間的にギリギリだったことを考えれば、
そのまま持って行ったと考え、駅に向かった私の行動は
決して責められるものではないはず。
と、口論になりそうだったのですが、
車のキー以外に何も持たない私は心の余裕無く、
ヨメさんから1,000円だけもらって次の駅で降り、戻ることに
まるで無職でヨメさんに頭が上がらない男みたい(笑)。
ふと気付くと、我々のやり取りに電車内の視線が集まっていて....
恥ずかしい!情けない.....

一駅で300円、往復600円の出費。
まあ、直ぐに駅の中に入れてくれた駅員の配慮を思えば、仕方なしですね。
それより、やっぱり胸に軽い痛みが...(数時間で収まりましたが)
朝から疲れてしまった一日でした。
[PR]
# by teddy0021 | 2006-01-29 20:11 |  ダイアリー

上の子の高校受験

のんびり屋の上の子の受験のお話。

私の検査入院の初日に息子の受験がスタート。
スタートから1日目、2日目がB高校の推薦入試(併願)。
初日の午後には面接があるとのことでしたが、
3時間以上待たされて、面接は数分だけ...ここは大病院!?
面接の話を聞いていると、これはちょっと出来が悪いかな?って感じ。

2日目の翌日にB高校の合否発表。
検査入院から帰った私は、HPで確認....「ない!
レベルとしては合格するはずと思っていたので、ショック!
後から入試資料を見ると、面接は極めて重要だって!

息子も翌日の学校でさすがにブルーになったようです。
でも、ここでクラスでトップの成績を誇る友人Yが励ましてくれたようです。
帰ってから、「Y君は良いヤツだ」なんて褒めてました。
一方、既に第一志望の超難関高Sの合格を勝ち取った塾の知り合い(他の中学)が
息子の第一志望A高校(3日目)に受験に来ていたとか?
(第一志望受かったのに、何故、他も受ける?性格悪っ!?)
息子も怒ってましたね!さすがに。
(S高に受かるぐらいのヤツなら、当然A高の合格の枠が一席なくなるわけです)

実は息子の友人Yが同様の行為をしそうだったのを、
クラス担任に諌められて止めたことに対して、
息子は「個人の自由だから良いんじゃない?担任がおかしい。」と思っていたそうですが、
自分の身に降りかかってきた時に「既に第一志望に受かった人間が、
そのレベル以下を受けて他人の分の枠を取ってしまいかねないというのは、
身勝手な行為だ」と分かったそうです。
少しは周りの人の気持ちが理解できて良かったかも?

その日の午後3時、第一志望の私立B高校の合格発表。
ヨメさんと一緒に車で発表を見に行ったんですが、
息子は友達と一緒に別に見に行きました。
私達が先に結果を見て、合格を確認!
息子は少し遅れて来て、一瞬掲示を見て、無表情....
見間違えたのか?私か息子のどちらかが...?

しばらくして、同じ中学の友達からハイタッチを受けて、
書類を取りに建物の中に消えていきました。
(あとで聞いたら、ハイタッチしてくれた友人は不合格だったそうな...良いヤツが多い)
表情の乏しさに、あまり嬉しくないのかな?と不思議に思っていましたが、
家に帰ると、勉強から開放され、
ゲームやネットや漫画の自由を得たことで嬉々としていました。
ただ、公立まではまだ1ヵ月以上もありますので、
息子には、無神経に喜んだり、遊びまわって、
公立や他の私立を受験する人達を刺激するようなことは絶対避けるように言っています。
何はともあれ、受験シーズンの第一週で決められたことは、
こちらも助かりますし、嬉しいですね。

その晩は、息子が好きな寿司屋で祝ってあげました。
(後で、さらに、いろいろとモノや権利を振りかざしてくるのは承知の上ですが)
息子が注文したのは、にぎりの「特選」!
特上」の上ですよ!(中学生のくせにっ!:笑)
[ちなみに、その寿司屋には、「特選」「特上」「松」「竹」「梅」があります。]
そして、量的には足りなかったので、追加したいと言います。
ヨメさんが食べた「で良いや」と言いながら、
いざ注文する時は、「」!
この男に、「遠慮」という文字はない!
それはともかく、普段行く「回転すし」とはさすがにレベルが違って美味しい!
息子も「今日は満足!!」とにこやかな表情でした。
文句言ったら、許しませんけどネっ!(笑)

後は、私自身の健康を何とか保って、学費を稼ぎ続けないと...
これが頭が痛いんです(涙)
[PR]
# by teddy0021 | 2006-01-25 14:53 |  ダイアリー