って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0020030_22101963.jpg
c0020030_2214331.jpg

【上】・・・BENJI(色:ブラック&タン)

体調は最悪期を脱し快方に向かっていますが、
年度末近くの忙しさに加えて社内のプチ引越しもあって疲れ気味の私...
飲まずに帰って(まだ飲んじゃいけないのですが...)、家でゆっくり休むというところですが、
帰ると、2週間前に我が家にやってきた子犬BENJIがいるのです。

癒されるはずだったのですが...
このBENJI君が実にワンパク!!
ノーフォーク・テリアという成犬で5~6kgしかない小型犬なのに、
3ヵ月弱で3.8kgもある!!
(日曜にワクチンを打ちに行った時に計ったので、もう4kgに達しているかも?)
とにかくスゴイ食欲で、30秒でふやかしたドッグフードを完食!
これが3ヵ月児なの!?というほど、手足もしっかりして、力も強い!
まだ、噛み癖があってけっこう痛いですし、
喜んで突っかかってくると頭突きを受けてしまいます。

現在、「トイレ」と「お座り」と「待て」の勉強中。
でも、なかなか大変です。
来た日から、「無駄吠えしない」ところはお利口なんですけどね...
でも、おとなしくしている時は可愛いもんです。

写真はオーナーさんのところにいた頃のものです。(2ヵ月~2ヵ月半ぐらい?)
今はカメラや携帯構える余裕がありませんので...必ず突っかかってきます(苦笑)

【下】受け取りに行く日の朝の3兄妹(実はBENJIは末っ子なのです)

c0020030_22134718.jpg
[PR]
by teddy0021 | 2006-03-30 22:21 |  ダイアリー
法事で佐賀に帰った時のお話、その2。
身内の恥を晒すようなお話になってしまいますが...

実家に着いた時に気付いたのですが、
何やら大きく、重い、段ボール箱が人数分置いてあるのです。
その時はあまり気にしてなかったのですが、
そのことで兄と義姉が慌てていました。
法事で、その日に渡す引出物がありますが、
その箱の中身がどうやらその「引出物」らしいのです。
段ボールの中を覗いて見ると、何と、7.2Kgの洗剤
全ての段取りを行ったのは、父。
ギフトショップの社長と仲良くなったようで、
兄によると、今回だけでなく、歳暮や中元もそこに頼めと言ってくるらしい....

名も知らぬブランドの洗剤を選ぶセンスもとんでもないが、
その7.2Kgの洗剤を、「持ち帰る」引出物と考える神経が信じられない!

特に来る人達は70歳前後のお年寄りなのに....
兄や義姉も当然同じように思って、
仕方なく、代わりの引出物をデパートで揃え、
捨てるわけにも行かないので、
洗剤は宅急便で送るように手配していました。
親父の性格や思考回路は知り抜いているわけですが、
今回の件は、さすがにショックでした。

法事や親戚の相手を終えての日曜の夕食は、
私を含めた兄弟3人だけで、近くのカレー屋へ。
そこでの話は、父の問題発言・行動をぶちまける会となりました。
数え上げればキリがありませんが、一緒に暮らす兄家族が可哀想になります。
いろいろ問題を指摘し、さとしても、親父は聞いていないのだそうです。
「人の話を聞かない」「常識に欠ける」....これが父の最大の欠点なのです。
こういうタイプの人間が物事を仕切ろうとする....最悪ですよね。

私は父と良くお付き合い(一緒に飲む)をしてきたので、
私の言うこと(かなり厳しいことを言います)は割と聞いてくれますが、
しばらくすると、まったく忘れています。
「おとぼけ」とか「おちゃめ」で済まされるレベルではないのです。
これは所謂「ボケ」ではなく、生まれつきの部分であり、
最近はさらに「ボケ」も加わっているので、手の付けようがありません。
父が義姉に話していました。「●●(私)は引出物そのまま千葉に持ち帰っけん」
私、即座に、「冗談じゃなかっ!!だいがそがん重かとを持って行くかっ!」(怒)

自分達の親なので、もちろん、見捨てたりはしません。
しかし、この父に毎日顔を会わせなければならない兄家族の気持ちを思うと辛い。
兄は朝5時前に起きて、家に戻ってくるのは夜9時~10時。(会社は家の目の前)
仕事に没頭するのは、父と顔を合わせたくない部分もありそうです。
義姉は非常に優しい、出来た人ですが、それでもキレそうになるのを見たことがあります。
兄弟3人が同じことを思ってしまいました。
「あぁ、おふくろが生きていたらなぁ...」
母が早く他界してしまったのは、そういう親父に毎日付き合い、
その言動が周囲に及ぼした後始末を一生懸命にしていたからかも知れません。
そして、兄曰く、「2~3日で良いから、どこかに連れ出してくれ。」

今年の夏は、私の家族で何日か面倒をみようと思ってます。
[PR]
by teddy0021 | 2006-03-07 16:28 |  ダイアリー

佐賀城下ひなまつり

c0020030_13305684.jpg
先週の土曜~月曜まで、
法事(母の7回忌)で里帰りしていました。

千葉の同じマンションに住んでいる弟と一緒に、
朝4時台に起きて、ANAにて佐賀へ。
空港までの電車の中と飛行機の中は
長男から借りたPSPで
「テイルズ・オブ・エターニア」。
佐賀空港到着後、直接、墓参りに行ってから実家へ。
11時半には、姪っ子と共に、「若柳食堂」へ...
このために、早起きしたんです(笑)
次の便では、お昼に間に合わないので。
胃をやられているにも関わらず、大盛りなんか注文してしまいました。
相変わらず、ここのちゃんぽんは「絶品!!

翌日は、11時から7回忌の法要。
正座がツラい!
集まってくれた親戚をもてなすために、
明治15年創業の「楊柳亭」で精進会席料理。
美味しい料理ですが、精進料理は私には少し物足りない...
まぁ、法要なんだから当然ですけどネ。
久し振りに、ビールをちょっと飲んだのですが、
お腹が膨れて、胃が痛い....まだ、無理は出来ないようです(涙)

親戚の人たちの話では、「佐賀城下ひなまつり」が好評らしい。
佐賀市産業部観光・文化課のサイトでは、次のように書かれてました。
佐賀城下に春の訪れを告げる「佐賀城下ひなまつり」。
鍋島家伝来の雛人形をはじめ鍋島小紋や手織り佐賀錦など
佐賀ならではのおひなさまが絢爛豪華に勢ぞろいします。
佐賀市の歴史的な建物とともにゆっくりと観賞してみませんか?

ひなまつりは、3月3日だけでは?と思っていましたが、
この観光イベントは2月18日~3月31日という期間で楽しめるとのこと。
男3人兄弟の次男で、娘もいない私にはピンとこない部分はありますが、
70歳前後の伯母、叔母達が「すごく綺麗だから、一度は見てみなさいよ」と勧めていました。
何年前からこうしたイベントが出来たのでしょうか?
少なくとも私が小さい頃は無かったなぁ...
でも、愛すべき小県「佐賀」の「インターナショナル・バルーン・フェスタ」に続く観光イベント。
是非、長く続けてもらって、佐賀以外でも名の知れたイベントになって欲しいものです。
[PR]
by teddy0021 | 2006-03-07 13:34 |  ダイアリー