って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今朝のお話。

昨日、京都に住む、102歳になるヨメさんの祖母(母方)が他界。
その娘も孫ももう亡くなってしまっているそうで、
また、いろんないきさつから、ほとんど付き合いがなかったようなんですが、
さすがに、血の繋がった人が亡くなっただけに、
ヨメさんは今日の告別式に行くことになりました。

電車の時間に遅れそうというので、急遽、車で駅まで送って行くことになりましたが、
車のフロントガラスが霜で真っ白。
暖気しながら、僅かに融けた部分から外を覗きながら発進。
8分前に駅の近くのロータリーに着いて一安心。
家に戻って、車から降りようとすると、私のクラッチバックが無い!!
助手席の周りや、運転席から後ろのシートを見ましたが、やっぱり無い!

助手席に荷物いっぱい抱えて乗ったヨメさんが怪しい。
過去、何度か私のバッグを持ったまま降りた経緯があり、
そのまま持っていった可能性が大きい。
近くならいざ知らず、これから京都へ行くわけで、それも一泊予定。
これから上の子の制服や運動着などの採寸に高校まで行かなきゃ行けないところに、
財布やらカードやら免許やら満載したバッグが...これは困った!
電車が来るまで後4分。
えーい!駅までGO!

2分で着いて...心臓のことも気になりますが、多少走らざるを得ない。
駅員に事情を話し、ホームへ!
ちょうど電車が入ってきました。
降りた階段の方にはいなかったので、もう一つの階段下に向かうとヨメさんが...
しかし、電車のドアが開いて、ヨメさんも入って行く...
私も仕方なく乗り込みました。

息を切らしながらヨメさんに尋ねると、
「後ろのシート(運転席の真後ろ)にポンと投げたわよ。言ったけど。」だって。
まあ、言ったのかも知れませんが、
霜の間の僅かな隙間から外を見ながら、
細心の注意を払って運転していた私にはまったく....
「ちゃんと後ろを確認すれば良かったのに...」とのこと。
今までの経緯と時間的にギリギリだったことを考えれば、
そのまま持って行ったと考え、駅に向かった私の行動は
決して責められるものではないはず。
と、口論になりそうだったのですが、
車のキー以外に何も持たない私は心の余裕無く、
ヨメさんから1,000円だけもらって次の駅で降り、戻ることに
まるで無職でヨメさんに頭が上がらない男みたい(笑)。
ふと気付くと、我々のやり取りに電車内の視線が集まっていて....
恥ずかしい!情けない.....

一駅で300円、往復600円の出費。
まあ、直ぐに駅の中に入れてくれた駅員の配慮を思えば、仕方なしですね。
それより、やっぱり胸に軽い痛みが...(数時間で収まりましたが)
朝から疲れてしまった一日でした。
[PR]
by teddy0021 | 2006-01-29 20:11 |  ダイアリー

上の子の高校受験

のんびり屋の上の子の受験のお話。

私の検査入院の初日に息子の受験がスタート。
スタートから1日目、2日目がB高校の推薦入試(併願)。
初日の午後には面接があるとのことでしたが、
3時間以上待たされて、面接は数分だけ...ここは大病院!?
面接の話を聞いていると、これはちょっと出来が悪いかな?って感じ。

2日目の翌日にB高校の合否発表。
検査入院から帰った私は、HPで確認....「ない!
レベルとしては合格するはずと思っていたので、ショック!
後から入試資料を見ると、面接は極めて重要だって!

息子も翌日の学校でさすがにブルーになったようです。
でも、ここでクラスでトップの成績を誇る友人Yが励ましてくれたようです。
帰ってから、「Y君は良いヤツだ」なんて褒めてました。
一方、既に第一志望の超難関高Sの合格を勝ち取った塾の知り合い(他の中学)が
息子の第一志望A高校(3日目)に受験に来ていたとか?
(第一志望受かったのに、何故、他も受ける?性格悪っ!?)
息子も怒ってましたね!さすがに。
(S高に受かるぐらいのヤツなら、当然A高の合格の枠が一席なくなるわけです)

実は息子の友人Yが同様の行為をしそうだったのを、
クラス担任に諌められて止めたことに対して、
息子は「個人の自由だから良いんじゃない?担任がおかしい。」と思っていたそうですが、
自分の身に降りかかってきた時に「既に第一志望に受かった人間が、
そのレベル以下を受けて他人の分の枠を取ってしまいかねないというのは、
身勝手な行為だ」と分かったそうです。
少しは周りの人の気持ちが理解できて良かったかも?

その日の午後3時、第一志望の私立B高校の合格発表。
ヨメさんと一緒に車で発表を見に行ったんですが、
息子は友達と一緒に別に見に行きました。
私達が先に結果を見て、合格を確認!
息子は少し遅れて来て、一瞬掲示を見て、無表情....
見間違えたのか?私か息子のどちらかが...?

しばらくして、同じ中学の友達からハイタッチを受けて、
書類を取りに建物の中に消えていきました。
(あとで聞いたら、ハイタッチしてくれた友人は不合格だったそうな...良いヤツが多い)
表情の乏しさに、あまり嬉しくないのかな?と不思議に思っていましたが、
家に帰ると、勉強から開放され、
ゲームやネットや漫画の自由を得たことで嬉々としていました。
ただ、公立まではまだ1ヵ月以上もありますので、
息子には、無神経に喜んだり、遊びまわって、
公立や他の私立を受験する人達を刺激するようなことは絶対避けるように言っています。
何はともあれ、受験シーズンの第一週で決められたことは、
こちらも助かりますし、嬉しいですね。

その晩は、息子が好きな寿司屋で祝ってあげました。
(後で、さらに、いろいろとモノや権利を振りかざしてくるのは承知の上ですが)
息子が注文したのは、にぎりの「特選」!
特上」の上ですよ!(中学生のくせにっ!:笑)
[ちなみに、その寿司屋には、「特選」「特上」「松」「竹」「梅」があります。]
そして、量的には足りなかったので、追加したいと言います。
ヨメさんが食べた「で良いや」と言いながら、
いざ注文する時は、「」!
この男に、「遠慮」という文字はない!
それはともかく、普段行く「回転すし」とはさすがにレベルが違って美味しい!
息子も「今日は満足!!」とにこやかな表情でした。
文句言ったら、許しませんけどネっ!(笑)

後は、私自身の健康を何とか保って、学費を稼ぎ続けないと...
これが頭が痛いんです(涙)
[PR]
by teddy0021 | 2006-01-25 14:53 |  ダイアリー
体調不良ゆえに、なかなか「お薦め?コミック」の記事を書く時間と気力が...
(マンガはしっかり読んでますけどネ)
復活にはもう少し時間を頂くことになりそうです。
...なんて、もともと大した記事じゃないんですけどネ。

先週前半の「心臓カテーテル検査入院」のお話。

検査前日からの入院ということで、
朝早くから「予約センター」なるものへ行き、
個室」でないことが判明。
他人がいるとよく眠れないので、聞いてみると、
Sクラスの部屋(トイレ、バス付き)のみ空いているとのこと。
お値段は一泊で2万円近く違う...
もちろん、あきらめましたとも!

検査の結果、心臓の冠動脈に大きな問題がないことが分かりました。
もちろん心臓全体が完璧というわけではないんですが、
「狭心症」や「心筋梗塞」というレベルではないんで一安心!
しかし、胸の重苦しさや軽度の痛みが時々あるので、
循環器の先生からは「胃カメラ(内視鏡)」で胃や食道を見てもらったほうが良いとのこと。

それにしても、「カテーテル検査」は意外に辛かったです。
造影剤を注入される時に鼓動が急に早くなったり、
ニトロを打たれた時に胸の痛みを感じたり....
先生から「苦しくないですか?」と聞かれ、「苦しいです」と返事すると、
そういうレスポンスを期待していなかったのか?、
「苦しいですかっ!?」と先生の表情が変わった時は、
「死ぬのか?」と心配してしまいました。
少々、大げさですネ(笑)
また、検査後に挿入した手首を空気を入れた器具(バンド)で固定するのですが、
非常にきつく締め付けられたまま、丸一日近くほぼ手を動かせないのが辛かったですネ。
病院食.....やっぱり美味しいものではなかったです(ダイエットには有効:苦笑)。
これで、2泊3日の検査入院は終了。

数日後、胃腸科もやっている掛かりつけのクリニックの先生に
高血圧の治療とともに、胃のチェックもしてもらいました。
12月に他院で人間ドックを受けており、
バリウムを飲んでのレントゲンでは問題なし。
まさか、1ヵ月で問題が出てくるとは思ってませんし、
過去に、胃腸関係で指摘されたことはなかったので、
「まあ、気休めに」という感じでした。
ただ、内視鏡を飲み込むという行為は初めてで、
麻酔でうがいするのもむせて苦しくて、内視鏡を飲み込むのも楽ではありませんでした。
特に最後に引き出すときは、黄色い胃液を少し吐き出してしまい....
あまり、受けたい検査ではないですねぇ....

結果は、胃に小さな穴が開いていて、
十二指腸にもかなり荒れた跡
が残っていました。
悪性ではないだろうとは言うものの、
細胞をはさみ取られ、この結果は次回。
予想外の結果に少々驚いてます。
胸の痛みに影響していたと言われましたが、
同時に「それが痛みの原因の全てということは言えない」と...
なかなか、すっきりとは行かないものです...
まあ、たとえ一部であっても、原因が特定できたのは「前進」!です。
[PR]
by teddy0021 | 2006-01-25 14:23 |  ダイアリー
昨年は、「腎結石」に悩まされた私ですが、
今の状態はそんなものでは済まなくなってきました。

「腎結石」は持病となってきているので、
3個を破砕したにも関わらず、また新たに生成しているようです。
12月に受けた人間ドックで再度指摘を受けてしまいました。

それより問題なのは、「高血圧」と「心臓」。
血圧は年齢を重ね、体重の増加と共に高くなってきていたんですが、
この数年、上がり方が加速度付けた感じになって、
いよいよ、薬を飲まなければならない状態になってしまいました。

加えて、以前から軽い異常の指摘を受けてきた心臓。
これが、多分、血圧の上昇と内臓の脂肪によって、自覚症状が出てきてしまいました。
年末からここまで何回か病院に行った結果、
カテーテルを入れる検査に発展することになり、
来週、「検査入院」などという悲しい方向へ。
その結果次第では、手術だとか!?
部位が部位だけに、受け流すわけにも行かず...

そう言えば、来週は上の子の受験スタート。
うーん....気を強く持って打ち勝たねば!
[PR]
by teddy0021 | 2006-01-10 23:39 |  ダイアリー