って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

きつい一週間...

月曜日に腎結石の体外衝撃波破砕を行い、
火曜日までお休み。
月末間近で忙しい時期だったため、
その休みのツケが溜まっていてツラい。
まだ、身体が痛いので長く会社にいるのが出来ないので
6時台には帰る...いつまでたっても追いつかない...
ダブルで気が重い。

守備が悪いので、投手に粘りがない。
守備の失敗を何とか打って取り返そうと
チャンスに気負って内野ゴロの連続。
いつまでたっても、取られた点を返せない...
ストレスは溜まっていく...

まったく違う話ですけど、「悪循環」という点では同じかなぁ?
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-30 22:00 |  ダイアリー

LIONS 緊急アンケート!?

LIONSは本日試合なし!
ということは、「ガッカリしたり、腹が立ったりする」こともない!
なんて、皮肉っぽいことは止めといて...

中川充四郎さんのHPにはいつもお世話になっていますが、
そのHPのBBSにスタッフが作成した「緊急アンケート」がありました。

質問は6問なんですが、最近のライオンズの惨状に対する原因や
考え方を問うものとなっていますね。
多分、球団か監督か選手に何らか伝わるものと信じて
回答しましたけど...
回答の選択肢がほとんど頷けてしまうのに情けなさを覚えるのと同時に、
ちょっとだけ思いのカケラを伝えられたような気にもなれました。
皆さんもいかがでしょうか?
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-30 21:30 | ★LIONS

完全な悪循環...

○北海道日本ハムファイターズ 15 - 5 西武ライオンズ●

昨日の試合後の松坂のコメントが良い方に出ないか?と
期待したのですが....中島がショートライナーに飛びついたところまででした。
栗山の落球(記録はヒット)で、帆足の投球に粘りが消え、
石井義の送球エラーで完全に糸は切れてしまいました(涙)
日ハムの打者がうまく右打ちを徹底していたのもありますが、
やはりライオンズの方から相手に流れを与えている感じ。
後の投手も流れを止めるのは難しいでしょう...

せっかく、カブの2ランと中村のソロで3-0とリードしたのに...
それにしても、ノーアウトの走者が出ても簡単にゴロを打ってゲッツーって多いなぁ...
守備が起点になっての悪循環なのでしょうねぇ?...今年中には改善しないのか?
情けなさで怒る気力もない...

ついでに昨日の分。
○北海道日本ハムファイターズ 4 - 2 西武ライオンズ●
内容を見る限り、松坂が不憫に思えますね。
あのコメントも仕方ないでしょう。
確かにエースの言葉ではないかも知れませんが...
いつまで待っても変わらないからなぁ...
ダルビッシュはあまり良いとは思えなかったけど、
チャンスで気負って内野ゴロばかり、助けちゃった印象です。
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-28 22:22 | ★LIONS
●西武ライオンズ 9 - 16 楽天ゴールデンイーグルス○

豊田二軍落ちという非常事態で迎えた長野での楽天戦第2ラウンド。
初回、おかわり中村の満塁弾で4-0という願ってもないスタート。
ここで先発の涌井がスイスイっと行ってくれれば良かったのだが、
2回のロペスの一発に続き、3回に連打&押し出しで早々に降板。

一旦、石井義の逆転タイムリーなどでリードするも、
結局リードを保てずにシーソーゲームを演じてくれた。
長野劇場第2幕は、9回を9-9で迎えたのだが、
ライオンズは赤田のラッキーな3塁打の後、
和田カブが敬遠で無死満塁!
まず、誰もがサヨナラのシーンを思い描いただろう。
しかし、相手の福盛も頑張った...
石井義はピッチャーゴロ、そして中村がサードゴロゲッツーで×(涙)
せめて外野フライ!と言いたいところだけど、
この試合も引っ張ってきた二人だ、責めたくない。
相手が頑張った印象も強い。
楽天にはチーム一丸という雰囲気も芽生えてきたようだ。
中村!この悔しさ、絶対忘れるなヨ!!

ここで勝負の流れは明らかに楽天へ。
大沼星野で作った無死満塁を
沖原にセンター前に弾き返され、
後は気の毒なくらい...7失点。終わった...

最大の敗因は投手陣であることは疑いようがない。
9点取ったから野手に責任はない...が、16残塁だ。
四死球13個ももらってやられてしまうとは...
うまく攻めていれば10回はなかったはずだが、
これも今年のライオンズ、悔しいが現実を受け入れざるを得ない。

何か皆をピリッとさせる手はないだろうか?
こういう展開で負けるとネガティブなことばかり頭に浮かんでしまう。
今日のところは、忘れなきゃ...
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-26 19:09 | ★LIONS
早朝4時に目が覚めてしまい、ブログのレポートを見てみると、

全体の訪問者 10,000人 達成!!

他の方からすれば「何喜んでるの?」ぐらいの数字でしょうが、
自分の年齢、取り上げたテーマ、アクセス増加に対する技量・努力不足などを考えると、
かなりハードルの高そうな数字でしたので...素直に喜んでます。

実は数週間前から多少意識していました。
出来れば、始めてから6ヶ月以内に到達しないかなぁ..と。
でも、エキサイトのメンテナンス後の混乱もあってか
ここしばらく数値の水準が落ちていたので、少しやきもきしてました。
(自分の記事内容のレベルの問題ですね、多分。スミマセン)
しかし、12月26日にブログをスタートしてから数えて、
ちょうど6ヶ月目にあたる6月26日に到達できたのは嬉しいです。

まとまりのない、深みもない、でも結構時間かけてる「お薦め?コミック」、
40年近く応援して愛情の裏返しで時々愚痴っぽくなったりする「LIONS」、
データ大好きだけど分析不足のまだ一巡してない「コミック誌のデータ」、
まだ完治してないため未完の「腎結石 闘病記」....
そして時々つまらぬ思いつきを投げかけてしまう「ダイアリー」と
つたない記事の連続でしたが、何とか6ヶ月続きました。

ご訪問、TB、コメント頂いた皆様、本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお付き合いお願いします!!

[PR]
by teddy0021 | 2005-06-26 07:07 |  ダイアリー
昨日夕方のニュースで、守護神豊田の二軍落ちが決まったそうです。
豊田投手のHPにも悔しさと絶対戻ってくる決意が述べられていました。

ニュースから読み取れば、ヒジの状態が思わしくない様子。
昨日の自分の記事にも書きましたが、
スピード、キレがなくなっていることに加え、
現在の球界で三本の指の中、ストッパーとしてはトップと思われる、
あのMr.コントロールの真骨頂である制球力が悪いのは、
ヒジの故障のせいだったのか...

そのヒジの状態も相当悪いのか??
いや、ひょっとするとヒジだけではなく、持病に近い腰も万全ではないかも??
伊東監督の「再調整すれば今季中に間に合うと思う」というコメントは気になる。
絶対不可欠な選手のはずですから、
通常なら「オールスター明け」とか「8月前半にも」とかのコメントになりそうなもの...
それが、「今期中」などと来ると、長い調整(治療?)を感じさせるものがある
周りの選手達の危機感を煽る指揮官一流の考えからのコメントであることを祈ります。

しかし、豊田本人は「ヒジは関係ない」と言っています。
多分、言い訳はしないという、男気&プロ意識の高さからでしょう。
今年の内容はともかく、ここ数年、ここまで「絶対的守護神」と
呼べるような結果を出してきた他球団のストッパーはいません。
ですから、責めるなんて気持ちは毛頭ありません
焦らず直してもらって、終盤の大事な時期に、
9回のあの守護神の儀式を必ず見たいものです!

現実面に思いをはせると....誰が代わりを務めるのか?
豊田の背負ってきたものを100%代われる投手はいないのは承知の上ですが、
最低限、ある程度のコントロールと三振を取れる球が必要ですね。
一番手候補は、やはり、森慎二なんでしょうね。
去年なら「No!」と言いたくなりますが...
今年はある程度球威が戻っているので...ねぇ...
でもやはりちょっと心配...いや、かなり??(笑)
二番手は??...いません。
三番手は星野。クローザーっていうのはイメージしにくいですが、数字からは彼。
小野寺は...今の調子なら危険でしょう。
球威もですけど、球がシュート回転して真ん中に入りそうだし、
フォークも高目からで落ちが小さくなる気が....
まあ、与えた役目が人を育てるってことも社会では良くありますから、
あり得ない選択肢ではないです。LIONSの数年後を考えるのであれば...。
他には?...大沼石井貴?etc
ひょっとして、涌井??? うまくハマる可能性はあります。
でも、涌井はもとより、松坂など先発陣を回しては
後々大きなツケを払わなければならない気がしますので、やめましょう。

それより、野手陣の奮起を望みます。
クローザーを出さなくても良い展開に持ち込めば良いんですから(笑)
どうも、チャンスに力む体質の選手が多い感じがしますので、
追い込まれたらジャストミート!を心がけて欲しいなぁ。
あと絶好球にも力んでフライを打ち上げるミスショットも多い...
誰って?...止めときましょう、数人いるので。

とにかく、選手の皆さん、これは非常事態です!
必死になって、一丸となって、この逆境に打ち勝って!!
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-26 06:10 | ★LIONS
昨日、今日とバレーボール女子ワールドグランプリの予選第1ラウンドをTV観戦。
アテネのメンバーとかなり変わっている様子。

以下、あくまで、見ていた部分だけの印象です。

キャプテンはセッター竹下
相変わらず、ボールの下に素早く潜り込み、ジャンプトスも冴えてますね。

大友愛の自在の攻撃力も健在。
アテネの前に悔しい思いをした宝来の出来も良いなぁ。
自信が出てきた感じです。
杉山もブレたトスにも対応が良くなった感じ。
この3人のブロックはけっこう強い!

そして、色白で清楚な感じもgoodな菅山かおる
リベロもやれる拾えるスパイカーが新鮮。一押しですね。

リベロのベテラン桜井も良く拾っていた。(佐野選手は今どうしてるのかなぁ?)
他に高橋みゆき吉沢荒木なども頑張っていた。

今回の12人にはメグ(栗原)は出ていないようです。
カナ(大山)木村沙織は故障があるので無理はしないのかな?
男子バレーは悲しい状態だけど、女子は元気ですね。
アタックNo.1」もあって、女子バレーだけは人気回復かな!?
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-25 23:37 |  ダイアリー
●西武ライオンズ 7 - 11 楽天ゴールデンイーグルス○

相手は岩隈、今年はバックも変わって調子も悪そうだが、
それでも岩隈、リードされたら苦しくなると思って見てました。
しかし、7回、思わぬ貰い物。
和田のショートゴロで「あぁ...」と思った瞬間、
沖原の送球エラーで「おぉ!」
カブ敬遠の後、石井義のタイムリーで「よっしゃー!勝った!」
「今日は良く走ったなぁ」なんて、勝利の背景を考えたりしてました。
8回裏、赤田の併殺打でちょっと嫌な予感が走ったけど、後は豊田だから!

しかし、やはり最近の豊田は何かおかしい...
球のキレ、スピードがないだけでなく、真骨頂のコントロールも...
風の影響もあったかも知れないけど豊田2発被弾とは...
あの「絶対守護神」豊田の防御率が3.38だなんて信じたくない...

和田の同点弾でもう一度望みはつないだけど...
今年の小野寺では2イニングは持たないなぁ...
11回二死から四球&連打されて、決まってしまいました(涙)
試合展開そのものは面白かったけど...これで勝ってたらネ。
明日こそ、勝つ!!
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-25 17:51 | ★LIONS
c0020030_21415230.jpg
第75回は、以前ご紹介した「天才ファミリーカンパニー
のだめカンタービレ」の作者である二ノ宮知子さんの
「GREEN ~農家のヨメになりたい~」を採り上げました。
1999~2001年までKissカーニバルに連載され、
コミックスは全4巻完結となっています。
NHKのドラマにもなったそうな...
いつものように、すばる書店白井店さんからレンタルしました。

一話毎にストーリーは完結してますが、大きく見れば続きモノです。
主人公「吉川和子(ワコ)」は、調理師専門学校に通う女性。
友人の誘いで、いい男との出会いを期待し山へキャンプに。
ワコに興味を持つ男はパッとしないのアウトドア・マニアで、ワコはまったく関心なし!
ビールを取りに川へ向かったワコが出会ったのは、
イケメン、王子様タイプ?の小野誠(マコト)とそのおばあちゃん。
一目惚れしたワコがカゴを担いでついていった先は、田んぼや畑の農村だった。
マコトと出来るだけ一緒にいたいが為に、
ワコは、毎週マコトとおばあちゃんの家に通い、
農家の手伝い(邪魔?)をすることに…。

このように書くと、ただの恋愛マンガの出だしかな?と思われるでしょうが、
このワコが、天然入りの面白キャラで、いろいろやらかしてくれる、
恋愛要素10%ぐらい(ワコは必死に恋してるんですが...)のコメディ(ギャグ?)です。
はじめは、単なる素人にありがちなドジって感じですが、
どんどんパワフルに、でも厭味なくドジを踏んでくれます。
でも、ワコは素直でまじめなキャラでもあって好感もてますし、
だからこそ、その単純さもポジティブに感じてしまいますね。
「のだめ」よりも常識はありそうですが…(笑)。
マコトも何故かワコに惹かれているんですが、
ワコのキャラにちょっと引き気味なのも笑えますし、
脇役達(マコトのおばあちゃん、ワコの父親、
マコトの友人?「のぞみ」と「その父」など)もいい味出してますね!
農家の日々の生活の雰囲気も良く伝わってきます
(もっと色々厳しいことはいっぱいあるんでしょうが)。
第1巻ではまだ全力では笑えませんが、第3巻あたりの「神輿」の話や
最後の「結婚前夜」の話などは吹き出さずにはいられません!

レーティングは★★★★☆(4.5)です。
ギャグが強い恋愛モノはいまひとつと思ってしまう私ですが、
この二ノ宮知子さんのセンスにはモロに反応してしまいます(笑)。
絵の美しさは求めません(スッキリ系の絵だと思っています)。
のだめカンタービレ」や「天才ファミリーカンパニー」で
彼女のパターンは大体読めているハズなんですが、
やはり、笑ってしまうんですよね。

最後の一話を読んだのは電車の中!
我慢できずに吹き出してしまって、周りの人から見られてしまい、
思わず咳払いしてゴマカシました(苦笑)。
時折出てくるほのぼのとした恋愛シーンは良いアクセントになってます。
普通の少女マンガはギャグがその役目を果たすんですけどネ…
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-24 22:00 | ★お薦め?コミック
●西武ライオンズ 5 - 6 オリックスバファローズ○

今日も二ケタ安打、一時は3-0だったのでイケルと思いましたが...
そうは甘くなかったですね。
河原は打たれ出すとまとめて失点するような...
やはりボールが多いですね。そしてややボールも高い...
球速がそれ程でもないのでキレが足りない日は苦労するんでしょうが...

宮越がうまく抑えて、プロ入り初勝利のチャンスがあったんですが、
代わった星野の初球をヒットされて、チャンスが潰えました...
またチャンスはあるぞ!宮越
小野寺の球も真ん中に集まる感じでしたね。

打線は悪くはなかったと思います。
和田中村の1発、ナカジの2本のタイムリーなど...
残念ながら、後半出てきた加藤大久保の球が打てそうになかった。
さすがに去年のオリックスとは違うなぁ...

打線の調子は悪くない!再度、5割に向けて挑戦!!
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-23 22:57 | ★LIONS