って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

第16回 【 リベロ革命!! 】

c0020030_20184787.jpg

第16回は、前回に続き、バレーボールもの。
田中モトユキ氏の作品で、コミックスは13巻完結。
私は、すばる書店白井店さんからレンタルしました。
田中モトユキ氏のマンガは初めてでした。

前回紹介した、「健太やります!」に設定がやや似ています。
主人公の幹本 要は、熱血バレーボール少年。
(「健太」の主人公も、バレーボールでは不利な、背が低い設定)
ただ、「健太」と違い、スパイクもかなりのもので、中学時代はエース...。
バレーの名門藤原学園のセレクションにかかりかけたが、
スパイカーにこだわり、選にもれる。
青海高校バレー部に入部した要は、
グータラ先輩部員らを引っ張って打倒・藤原学園を目指す。
周りも次第に主人公の熱意に影響されてひたむきに打ち込んでいく...
というストーリーなんですが、途中、要の才能を見出した男が、
要にママさんバレーチームの監督を任せて...というところから、
話に変化が出てきて、面白くなってきます。

「リベロ」という役柄がバレーボールに採用されたのが、
このマンガの設定を生かせるわけですが、
実はリベロそのものを良く分かっていませんでした。
日本のバレーボール界がかなり低迷していて、シドニーでは男女とも
出場資格を取れず、バレーボール観戦から遠ざかっていたので、
息子がバレーボールを始めるまで、興味が湧かなかったのが本音。
男子バレーはちょっとひどい状況。
アテネ五輪の最終予選では、田中(幹)監督(辞任したが)なんか、
監督の言葉とは思えない事言ってましたし。
アテネ五輪とその最終予選への過程については、
フジテレビ中心に女子バレーを盛り上げてました。
選手も個性があって若々しくて魅力がありますし、
TVで相当熱くなりながら応援してました。
本番では、リベロは「成田選手」でしたが、個人的には、
背の低い選手でも頑張れるという意味で、「佐野選手」に出て欲しかったなぁ....。

で、「リベロ革命!!」ですが、レーティングは★★★☆(3.5)。
途中までの展開なら、「健太やります!」の焼き直しで
もう少し評価は低くなったと思いますが、ママさんバレーの部分からは
かなり面白くなったと思います。
ただ、「健太」同様、それらしい女の子は登場するんですが、ちょっと中途半端な
絡み方で、「恋」の部分は少し残念...。まぁ、主題ではないので。
[PR]
by teddy0021 | 2005-01-30 18:20 | ★お薦め?コミック