って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最悪は避けられた「心臓カテーテル検査入院」だったが...

体調不良ゆえに、なかなか「お薦め?コミック」の記事を書く時間と気力が...
(マンガはしっかり読んでますけどネ)
復活にはもう少し時間を頂くことになりそうです。
...なんて、もともと大した記事じゃないんですけどネ。

先週前半の「心臓カテーテル検査入院」のお話。

検査前日からの入院ということで、
朝早くから「予約センター」なるものへ行き、
個室」でないことが判明。
他人がいるとよく眠れないので、聞いてみると、
Sクラスの部屋(トイレ、バス付き)のみ空いているとのこと。
お値段は一泊で2万円近く違う...
もちろん、あきらめましたとも!

検査の結果、心臓の冠動脈に大きな問題がないことが分かりました。
もちろん心臓全体が完璧というわけではないんですが、
「狭心症」や「心筋梗塞」というレベルではないんで一安心!
しかし、胸の重苦しさや軽度の痛みが時々あるので、
循環器の先生からは「胃カメラ(内視鏡)」で胃や食道を見てもらったほうが良いとのこと。

それにしても、「カテーテル検査」は意外に辛かったです。
造影剤を注入される時に鼓動が急に早くなったり、
ニトロを打たれた時に胸の痛みを感じたり....
先生から「苦しくないですか?」と聞かれ、「苦しいです」と返事すると、
そういうレスポンスを期待していなかったのか?、
「苦しいですかっ!?」と先生の表情が変わった時は、
「死ぬのか?」と心配してしまいました。
少々、大げさですネ(笑)
また、検査後に挿入した手首を空気を入れた器具(バンド)で固定するのですが、
非常にきつく締め付けられたまま、丸一日近くほぼ手を動かせないのが辛かったですネ。
病院食.....やっぱり美味しいものではなかったです(ダイエットには有効:苦笑)。
これで、2泊3日の検査入院は終了。

数日後、胃腸科もやっている掛かりつけのクリニックの先生に
高血圧の治療とともに、胃のチェックもしてもらいました。
12月に他院で人間ドックを受けており、
バリウムを飲んでのレントゲンでは問題なし。
まさか、1ヵ月で問題が出てくるとは思ってませんし、
過去に、胃腸関係で指摘されたことはなかったので、
「まあ、気休めに」という感じでした。
ただ、内視鏡を飲み込むという行為は初めてで、
麻酔でうがいするのもむせて苦しくて、内視鏡を飲み込むのも楽ではありませんでした。
特に最後に引き出すときは、黄色い胃液を少し吐き出してしまい....
あまり、受けたい検査ではないですねぇ....

結果は、胃に小さな穴が開いていて、
十二指腸にもかなり荒れた跡
が残っていました。
悪性ではないだろうとは言うものの、
細胞をはさみ取られ、この結果は次回。
予想外の結果に少々驚いてます。
胸の痛みに影響していたと言われましたが、
同時に「それが痛みの原因の全てということは言えない」と...
なかなか、すっきりとは行かないものです...
まあ、たとえ一部であっても、原因が特定できたのは「前進」!です。
[PR]
by teddy0021 | 2006-01-25 14:23 |  ダイアリー