って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第10回 【 いいひと。 】

c0020030_2348398.jpg
ようやく第10回、二桁に到達です。

奈緒子」が駅伝、マラソンを通して描かれたもの
だったので、それに関連したもの.....と、
「陸上競技」が良く出てくるマンガ家を連想しました。
彼は、北海道出身、山梨学院大で箱根駅伝を
走ったランナーなんですねぇ....。

「いいひと。」は、「高橋しん」氏の初めての長編です。
コミックスは26巻完結ですが、絶版らしく、
新しく販売された文庫(18巻完結)を、一度に買い揃えて読みました。

高橋しん氏のマンガは、まず、その独特なやさしい、繊細なタッチが
特徴です。少女漫画を思わせるところがあり、私は、子供のときから
少女漫画にも手を出していたので、違和感無く入っていけました。
ストーリーは、北海道出身の「いいひと」北野優二君が、
スポーツシューズの一流メーカー「ライテックス社」に入社して、
その周りの人々といろんな問題を共有し、解決しながら...といった感じ
なんですが、彼独特のおっとりした性格や視点が物語を面白くします。
遠距離恋愛となる彼女「妙子」の気持ちの描写にけっこう共感したり、
職場の戦う女性達の強さや可愛さにも魅力を感じます。
主人公は「北野優二」なんですが、回ごとに、その周りの人が主人公に
なっているような感じで、アクセントにもなってます。
ほのぼのとした優しさを感じる、良質なマンガだと思います。
レーティングは、★★★★☆(4.5)。絵もうまいですよ。

ドラマ化されたのですが、マンガ好きには評判が良くなかったような...。
このマンガのキャラ達を、俳優がやるのはなじめません。
この独特のタッチや雰囲気を作るのはちょっと無理かも。
[PR]
by teddy0021 | 2005-01-15 19:00 | ★お薦め?コミック