って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第84回 【 NARUTO 】

c0020030_10441324.jpg
第84回は、コミックバトンの回答で「今面白い漫画」のひとつに挙げさせてもらった、
人気の高い忍者モノ、岸本斉史氏の「NARUTO」を採り上げました。
週刊少年ジャンプに1999年からスタート、現在も連載中。
コミックスは現在29巻まで発売されています。
映画にもなって、割と好評のようですね。
いつものようにすばる書店白井店さんからレンタルし、現在28巻まで読んでいます。

お話のスタートはこんな感じで...。
主人公「うずまきナルト」はいたずら大好きの明るい少年。
忍五大国の一つ「火の国」の中央付近に作られた
忍びの里の中心的存在である「木ノ葉隠れの里」の忍者養成学校「アカデミー」の生徒だが、
アカデミーの卒業試験では何度も失敗し、落ちこぼれと見なされている。
頭を痛める担任のイルカ先生は、怒鳴り、罰を与えながらも、
ナルトのことがほっておけず、ラーメンをすすりながらナルトの夢を聞いてあげる。
ナルトの夢は里を治める首長「火影(ほかげ)」になること。
両親がいないナルト、里の皆に毛嫌いされるナルト…
実はナルトのその出生には大きな秘密があった。
三代目火影のもとから、禁じ手の術を収めた巻物「封印の書」をナルトが持ち出した。
強くなりたいナルトの心を悪用して、封印の書を手に入れたいミズキ先生の策略だった。
ミズキが里中に隠し通されてきたナルトの秘密を暴露し、大きなショックを受けるナルト...
ナルトをかばうために背中に大手裏剣を受けてしまったイルカ先生が
ミズキとの戦いでピンチに…
初めて自分を認めてくれたイルカ先生のためにナルトの怒りが炸裂する!

数年前、下の息子とヨメさんがNARUTOのアニメを見ていたのを横でチラッと見ながら
「忍者?? 何だか、無節操な術バトルと汚い言葉のオンパレードだなぁ」と思っていました。
何せ、私のイメージする忍者は「伊賀の影丸」「仮面の忍者赤影
風のフジ丸」「サスケ」「カムイ伝」…ですから。
こんな現代風の忍者モノというのがピンとこなかったというわけです。
ヨメさんは「サスケ」君がカッコイイとか、他にも○○、△△がイイとか...(苦笑)、
どうやら小学生以上の女の子にも人気があるアニメらしい。
そして、最近、「ではそろそろ」って感じでレンタルしてみた訳ですが、素直に面白い!
「パクリ」なんて噂もけっこう聞きますが、そこは置いといて....
魅力あるキャラもいろいろ出てきて、特に主要キャラには
ちゃんと背景を知ることができるサブストーリーもあって分かりやすいですね。
出てくる術は、これはちょっとやり過ぎってものもありますが、
バラエティに富んでいて飽きさせない努力も。
「多重影分身」、すごい(ひどい?)術ですが、
この術を使う心理的タイミング他の技とのコンビネーション
また、「チーム制」での闘いなどはけっこうアイデア満載で面白いです。

一方で、伝説の三忍、里のトップである「○影」、上忍、中忍、下忍、
本来なら相応の実力差があるはず(実際にセリフからはそう思わせる部分は多い)ですが、
実はレベルの差が意外に小さい??
まあ、主要キャラがそう簡単に負けたり、死んだりするわけにもいかないのも分かりますが。
「つらい過去や寂しさ」に打ち勝つ強さ・優しさ、「仲間」を大切にする心、
そして主人公たちの「成長」、そして迫力ある「バトル」…
この辺は、ジャンプの王道?をきっちり押さえていますね(笑)

レーティングは★★★★☆(4.5)です。
話は第2部に突入していますね。
一部の序盤~中盤(中忍試験ぐらい)が特に面白かったですが、
後半も悪くはないですね。
これから、さらに強い敵との戦いで、いかに説得力を保っていけるかが一つの課題でしょう。
医療忍術」っていうのが、「何でもあり」を作ってしまう一因ですが、
サクラ」ちゃんが存在感を高めるには必要だから許しましょう(笑)
個人的には、「奈良シカマル」の熱くならない軍師的なタクティクスが好きです。
あと、出番も少なく地味な「日向ヒナタ」、陰ながら応援してますヨ。
[PR]
by teddy0021 | 2005-09-04 11:02 | ★お薦め?コミック