って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【 Tropical Marine Fish 】 新水槽立ち上げ後、最初の関門(1)

時々アップしてきた海水魚関連の記事を別カテゴリとしたいと思います。
ついでに、我が家の水槽の現状がどうなのか、
まずは、生体のリストアップをしてみます。
(いずれ写真をと思ってはいますが...まずはテキストのみにて)

次の3匹は前の水槽の過酷な環境と私の未熟な飼育を耐え抜いた「頭が下がるヤツら」です。
このチームを水槽に入れる数日前に、初めて、
ライブロック(LR)3個(サイズ:L x 2、M)を導入しました。
  第1チーム
    キイロハギ(きれいなイエロー、10cm、「ニモ」に出てきたバブルス君)
    ニセスズメの仲間(微妙なイエロー系、正式名称不明、5cm)
    フルムーンゴビー(白をベースとして黒のパンダ模様、カワイイ顔、4cm)
水槽がまだ立ち上がる途中でしたが、さすがにツワモノ達。元気です。


次は水槽の順調な立ち上がりに満足し、3週目に仲間になった魚たち。
  第2チーム
    シマキンチャクフグ(好奇心旺盛なプックリ系、シマ模様のカワイイ体、4cm)
    ミズタマハゼ(比較的大きいサイズ、白、底砂を濾しながらエサを食べる、8cm)
    ライムラス(ライム色のベラ、砂に潜って寝ます、6cm)
ライムラスが砂に潜るのを知らなかったので、どこに行ったか探しましたよ~!
ミズタマハゼは「マー君」という愛称をもらい、せっせと砂をお掃除。ヨシヨシ!
でも、たまにLRの下の砂を掘ってねぐらを作ろうとし、岩組みが崩れるリスクも...。


調子に乗って、4週目にも購入してしまいました。
  第3チーム
    フレームエンゼル(きれいなレッド系、元気一杯の小型ヤッコ、4cm)
    フタイロカエルウオ(前半分がダークグレー、後半分はオレンジ系、変な顔、8cm)
    マンダリンフィッシュ(深緑色でエキゾチックな模様と面白い顔、5cm)
フレームエンゼルは我が家で最も登場回数が多いお魚(ということは☆になった回数も)。
今回のヤツは小型で色が鮮やか。バケツから飛び出しそうな元気モノ!
マンダリンがエサを食べないので、LR3個(サイズ:LL、L、M)追加し、
マンダリンが色々徘徊を始めて、しっかり微生物を食べ始めました。

6週目にさらに購入、お目にかかるのが初めてという魚が2匹含まれています。
  第4チーム 
    フジイロサンゴアマダイ(やや濃い藤色の細長い綺麗なやつ、13cm)
    ポークフィッシュ(まだベビー?銀色にイエローライン、3cm)
    ロイヤルグラマ(紫とオレンジのツートーン、5cm)
自らのチェックで「白点病」らしき兆候を気付いていながら、
「初モノ」の誘惑に勝てずに買ってしまった「ポークフィッシュ」が翌日に☆。
水槽から飛び出す可能性を指摘されていたにも関わらず、
水槽に入る前にバケツからの飛び出しを許してしまった「フジイロ」。
何とか大丈夫でしたが、後々、片目が飛び出した様相の「ポップアイ」を発症。
「ロイヤルグラマ」は過去のパターンを打ち破れず、喧嘩の後に拒食症で☆に.....
第4チームはご難続き....(涙)

そろそろ90cm水槽のサイズでは限界が近いかも?と思いながら、
第4チーム2匹の☆の分の弔い合戦??にと買ってしまった第5チーム。
9週目からの仲間入り。関東で大きな地震があった後の休日にLR(M)と同時投入。
  第5チーム  
    フタホシキツネベラ(黄色とオレンジピンクの派手なライン、7cm)
    ヤマシロベラ(初めて見ました、鮮やかなブルーの顔に薄赤紫の体、赤い口、10cm)
    ホシゾラヤッコ(黒地に水色の小さな星空模様、8cm)

ここまで、15匹投入、☆2匹で、合計13匹
☆2匹は、私の未熟と堪えのない性格が招いたと反省。ゴメン!
ただ、前回までだったら、多分半分は落ちていたと思われます。
被害が小さいのは、新しい水槽システムのお陰でしょうけど...

続きは次回
[PR]
by teddy0021 | 2005-08-15 18:14 |  海水魚飼育