って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第66回 【 ナッちゃん 】

c0020030_20475917.jpg
第66回は、前回、前々回の音楽関係から大きく変わって、
鉄工所、ものづくりに焦点を当てた、
たなかじゅん氏の「ナッちゃん」を採り上げました。
1999年からビジネスジャンプ→スーパージャンプに連載されており、
コミックスは現在15巻まで出ています。
私はすばる書店白井店さんから
14巻までレンタルして読んでいるところです。

毎回読みきり方式ですが、一応話はつながっています。
関西地方の小さな地方都市にある「坂本鉄工所」。
幼い頃から機械いじりが大好きだった坂本ナツコは、
唯一の働き手だった父親の他界により、
母と二人で鉄工所を続けるかどうか、悩む...。
名人であった父親譲りのカンと機械に対する愛情で、
困ったときでも工夫と努力をモットーに「何とかしてしまう」、
元気娘・ナツコの下町人情譚!(一部、広告文から引用)

たまたまレンタルコミックでマンガを物色している時に、
中途半端なセクシーさを持ったカバー絵を発見し、
ちょっと覗いてみたら、中身は何と、「町の鉄工所」のお話。
このテーマで書かれたマンガは読んだことがありません。

私の実家は鉄工所ではないんですが、「機械」に関係したビジネスをやっているので、
小さい頃から時々営業車に乗せてもらって機械や工具を納品したりするのを見たり、
ボルト、ナットなどを数える手伝いしたりしてましたので、
すごく親近感が沸いて直ぐにレンタルしました。
いわゆる苦労話ではなく(もちろん苦労はてんこ盛りですが)、
「ものづくり」の原点である、「工夫」「改善」「発想の転換」などが学べる
貴重なマンガだと思います。
ナッちゃんの明るい、爽やかな、でも恋愛オンチなキャラと、
零細企業~町工場の客が泣きついてくる難題を、
「できるかできないか」ではなく「どうしたらできるか」をスタート台として
何とかする姿に共感を覚えますね!

レーティングは★★★★(4.0)です。
マンガに出てくる機械や仕組みづくりの「工夫」についての具体的な発想や
そもそもこういうテーマで取り組む進取の精神は◎ですね。
絵は決してキレイな方ではありませんが、ナッちゃんもそれなりに魅力的です(笑)。
読者ウケを狙ったのか、編集の方からのプレッシャーなのか、
登場人物に女性が増えてきたり、サービスショットらしき部分が増えてきたりするのは、
個人的には必要ないとも思いますが、ほのぼのとした雰囲気作りにはなっているでしょうか?
カバー表紙からは中身はちょっとイメージできないところが面白い!?
[PR]
by teddy0021 | 2005-06-03 20:51 | ★お薦め?コミック