って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第65回 【 のだめカンタービレ 】

c0020030_22501635.jpg
前回のくらもちふさこさんの「いつもポケットにショパン」と同じピアノ絡みで、
第65回は二ノ宮知子さんの「のだめカンタービレ」を採り上げました。
女性向け漫画誌「Kiss」に連載中で、コミックスは現在12巻まで出ています。
私はすばる書店白井店さんから
11巻までレンタルして読んでいます。

現在、コミックスでもトップ級の売れ行きですし、
ご存知の方も多く、敢えてあらすじは必要なさそうですが…一応。

ゴミの中で美しく響くピアノ・ソナタ――それがオレと野田恵との出会いだった――。
有名な現役ピアニストを父親に持ち、音楽大学でもトップの成績、
加えてイケメンで、大学で注目の的である、オレ様性格の「千秋真一」。
担当教師から破門され、傷心の千秋の耳に入ってきたのは、
「悲惨」とも名付けられそうなデタラメなベートーベンの「悲愴」。
しかし、千秋はその中に隠された高い音楽性に気付く。
大手楽器店の娘で声楽科の彼女「多賀谷彩子」からもフラれ、
酔っ払って潰れかけた千秋は部屋の前で意識を失う。
目覚めた時は、「片付けられない女」のだめの部屋のゴミの中だった...。
その女こそ、「悲愴」を弾いていたピアノ科の後輩、「のだめ」こと「野田恵」だった…

天才ファミリーカンパニー」を読んでみて二ノ宮さんのマンガを初めて知り、
コミックスの売上ランキングで上位に登場する「のだめカンタービレ」も面白いに違いない!
という期待通り、いやそれを上回る面白さでした。
コマの細部もしっかり読んでいくと、さらに、笑えます!
(特にゴミ溜めのところの表現は秀逸です!つかみが上手いですねぇ...)
恋愛要素は10%ぐらいのコメディ(ギャグ?)ですが、ストーリーもしっかりしています。
そして、千秋が指揮するオーケストラの部分では、クラシックに詳しくなくても、
音楽が奏でられているイメージが良く伝わってきますね。

私は、大学時代に合唱というものをかじったことがあるんですが、
オーケストラと一緒に歌った経験があります。
ベートーヴェンの第九とか、ヴェルディのテ・デウムとか)
その時の経験から、指揮者の振り方が合唱だけの場合と大きく違って
一言で言えば「カッコイイ」というミーハーな印象を持ってました。
その時の思い出が一気に噴出しましたね。そういう意味でも評価が高いです。
本当のところ、指揮者って演奏する曲、オーケストラの色を
大きく変えてしまう程大事なんですよね。
(素人が偉そうにスミマセン)

レーティングは★★★★☆(4.5)です。
のだめが、何をきっかけに千秋にLoveになったのか、
その辺がイマイチ良く分かりませんが、
のだめのキャラが格別に面白いので許します(笑)
しかし、話が進むにつれて、少しずつまとも?になっているような気もしますが…

ヨーロッパ編、どのように進んでいくのか興味津々。
のだめのLoveが最終的にはどうなるのか?
いわゆる「少女マンガ」じゃないので、その辺りも注目ですね。
Endingはまだまだ先でしょうが、最後に★5つになるのか…二ノ宮さんに期待!
人気があるからって妙な引き延ばしなどされない事を編集の方にも期待してます!

おまけ
のだめの故郷は福岡県の大川市。
実は私の実家がある佐賀市に近いんです。
その点をマンガの中にしっかり書いてあったので◎!(笑)
[PR]
by teddy0021 | 2005-05-31 23:01 | ★お薦め?コミック