って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第55回 【 ルナハイツ 】

c0020030_22362146.jpg
第55回は、星里もちる氏の「ルナハイツ」を採り上げました。
星里氏は「もちる」という名前もあり、
はじめは女性の漫画家かな?と思ってましたが、
どうやら男性のようです。
ビッグコミックスペリオールに2003~2004年に連載され、
コミックスは全4巻完結です。
いつものように、すばる書店白井店さんからレンタルして読みました。

ストーリーは次のような感じです。
主人公「南條隼人」はウキウキ状態。
婚約して一軒家を購入し、式を待つばかり。
しかし、婚約者の「友美」に「もう会えない」と土壇場で逃げられ、家のローンだけが残った。
そんな南條に、天の声(会社の業務命令)!
経費削減の一環として女子寮を廃止、南條の新居を実質的な寮にする代わりに
南條には管理人として「残業代」を払うというのだ。
嫌がる南條だが、徐々に巻き込まれ、ついに寮の住人たちが越してきた。
4人の女性は個性派揃い。
逃げられた友美を想いながら、「雑居時代」はスタートした...

星里もちる氏の漫画はどこかで見たような印象はあったんですが、
実は読んだことがない漫画家でした。
「本気のしるし」というマンガを最初に借りてから、何故だか気に入り、
それからレンタルコミックに置いてある星里氏のマンガを全部借りています。
ルナハイツだけは、その時まだ完結してなくて、
しばらく手を付けずに待っていたんですが、
ようやく最終巻がレンタル開始になったところで、全巻レンタル!

4巻と中編ぐらいの長さですので、サラッと読めますね。
星里氏が得意な同居モノの恋愛コメディってところですが、
ファンには安心感さえ覚える、ライトなギャグとちょっとシリアスな感じがうまくマッチ。
どこにでもいそうなサラリーマンが主人公で何となく応援したくなるし、
そもそも、メンタル部分が割ときまじめな主人公が多いですね。
この南條隼人君も...
そして、巻き込まれていくタイプ(笑)。
出てくる女性陣が、
ネットオークションにとことんはまっている「日高りん」、
合コン大好きのまとめ屋タイプの「茅ヶ崎裕子」、
無口で閉じこもり気味だが読書してきたーって感じの「土屋重子」、
一見まともそうだが開発中の自社生理用品を持ち歩いている「大月窓明(まどり)」。
ヒロインはまどりなんでしょうが、みんな良い味出しています。
レーティングは★★★★(4.0)です。
絵は多少好みは分かれるところですが、私は結構好きです。
ほのぼのとしたイメージのマンガですが、けっこう事件も起こって飽きさせません。
そして、最後は優しい気分になれますヨ。

おまけ
各話のタイトルはドラマの題名から取っているようですね。
第1話は「雑居時代」!
実はこのドラマ大好きでした。「石立鉄男」主演で、ヒロインは「大原麗子」演じる夏子。
「杉田かおる」が子役で「あまり」という名前の子供でしたね。
そういえば、このマンガには他にも「気になる嫁さん」とか「パパと呼ばないで」など
石立鉄男主演のヒットドラマのタイトルが付けられていました。
もしかして、星里さんは、この辺のドラマのファンだったのかなぁ?
[PR]
by teddy0021 | 2005-04-22 23:21 | ★お薦め?コミック