って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第41回 【 SLAM DUNK 】

c0020030_1345037.jpg
第41回は、前回のちばあきお氏の「プレイボール」から一転し、
バスケットボールの名作、井上雄彦氏の「SLAM DUNK」を。
90~96年に週間少年ジャンプに連載し爆発的な人気を博した作品。
コミックスは全31巻完結、完全版は全24巻となっています。
私は、先日、すばる書店白井店さんから完全版をレンタルしました。

あえてストーリーを説明する必要はなさそうですが...
主人公「桜木花道」は中学時代50人にふられた記録を持つ男。
けんかの強さは半端じゃない。
神奈川県の湘北高校に入学した花道は懲りずに一人の女の子に一目惚れ。
その子の名は「赤木晴子」、湘北高校バスケット部のキャプテンの妹。
晴子からの言葉は「バスケットはお好きですか?」。
素人である桜木花道を加えた湘北高バスケット部はIH出場、全国制覇を目指す....

レーティングは★★★★★(5.0)、満点です。
満点は私のレビューで2つ目ですね。(もうひとつは浦沢直樹氏の「20世紀少年」)
実は、この作品、もちろん知ってはいたんですが、
今まで手をつけたことがありませんでした。理由は次のようなものでしょうか?
①連載されていたころはジャンプを読んでなかった、
②バスケットはスポーツの中でも特に苦手(背丈などで)、
③赤い髪の毛の「桜木花道」らから連想したのは、「ヤンキー」(?)漫画

しかし、「バガボンド」と「SLAM DUNK」の作者が同じ井上雄彦氏だと知ったことと、
「完全版が出るってことは、内容も面白いに違いない」(90%正しいと思う)と思ったことで、
読んでみようという気になりました。
レンタルの棚を見ていて、連続して読める(全巻誰も借りていない)状態だったので、
4週かけて読みきりました。
結論、「もっと早く読むべきだった!!」
電車の中や、家のソファーで何度も涙し、声まで出そうになりましたね。
「食わず嫌い」してはダメです!(笑)
出てくるチームメート(赤木=ゴリ、小暮=メガネくん、三井=ミッちゃん、
宮城=リョーちん、流川...)、水戸洋平ら仲間たち、仙道や魚住らライバル達、
マネージャーアヤちゃん、そしてハルコちゃん...皆、キャラが立ってて良いです。
ハルコちゃんは天然ボケのようなところを残しながら爽やかな涙が印象的!!

ただのスーパープレイヤーではなく、天性+基本の反復練習で花道が成長する点や、
各チームメートの背負ってきた過去や想いがしっかり描かれている点、
画力がどんどん上がっている点、などなど書ききれないぐらいお薦めできる点があります。
最後の山王戦などは、しばらく言葉がないパートがかなり長いページに渡るんですが、
心臓の音が聞こえそうなぐらい雰囲気が伝わってくるんですよね。
花道と流川の見開きのタッチシーン、
初めから読んでいてその良さが伝わる名シーンでしょう。
終わりも「連載引き伸ばし」などを考えなかったような良い感じ....

完全版は「赤い髪」が赤く描かれていたり、カットがきれいだったり...
ここは一発「大人買い」せねば!!!
[PR]
by teddy0021 | 2005-03-16 14:12 | ★お薦め?コミック