って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

考察 【 レンタル・コミック 】

今回は、ちょっと趣向を変えまして、
いつもお世話になっている「レンタル・コミック」について考えてみたいと思います。
(たまたま、レンタルコミックについてふれているHPがあったので....)
この「レンタル・コミック」については、いろいろ法的な論議もなされていますが、
難しい事に口を挟む気持ちも能力も毛頭ございません。
あくまで、一ユーザーとしての私個人の感想と考察ですので、
お読みになって納得されない方がおられても「つっこみ」はご勘弁くださいネ(笑)。

「マンガを有料で貸すサービスを提供すること」には、関わる立場と考え方によって
いろいろな側面があると思われます。
例えば私のように「マンガを有料で借りて読んで楽しむこと」に価値を認める消費者。
著作権を有する著者にも「本来、販売されるものをレンタルするによって著作権料を
十分に取れない」と考える方や、「レンタルすることでより多くの読者が自分の作品を
読んでくれる(ある一定の著作権料もしくはそれに類する料金は付加)」ことを是とする方も
いらっしゃるでしょう。
「本来、販売するものを貸す業者がいることで、得られるはずだった売り上げが
減少しているのではないか」と考える書店や出版社もあれば、
「レンタル事業そのものが消費者ニーズを捉えている、もしくは、その併営がもたらす
集客効果に収益拡大機会がある」と考えるレンタル業者(書店含む)もいるでしょう。



私が毎週行っているすばる書店白井店さんは、2003年5月にコミックのレンタルがもたらす影響を調査する実験店となっていたようです。(詳しい背景などはまったく知りません。また、今も実験を兼ねているのかどうかも知りません)
実験の結果などは文化審議会著作権分科会報告書に載っていました。
報告書の内容については、まだまだいろんな意見があるようで、
反論(例えば、ARTSの反論)などもあるようです。
具体的な取り決め事についても、まだもめているようですし...。
これらに対して、私は責任を持ったことは言える立場ではありませんので、多くを語りません。

私を例にとって、少し検証してみましょう。
スタート日からここまでほぼ毎週行って、21ヵ月で1700冊、金額にして127,000円ぐらい借りたみたいです。実験の時に行われたアンケートやその後のアンケートにも答えました。
今までの自分の行動を振り返ると、次のようなことが言えます。
 ・今まで車で10kmも離れた書店に行くことはなかったが、レンタルコミックがあるという
  理由で同書店に毎週行くようになった
 ・コミックをレンタルし始めてから、読むコミックの量が飛躍的に増えた
 ・よっぽど内容を知っていないと買うのには決断がいるが、
  借りるのはパラパラめくった程度で「イケそう」と思えば気楽に借りられる
 ・借りるだけではなく、借りた本が気に入ったタイトルは、同書店で全巻買い集めた
 ・ある作者の本を借りて、昔持っていた同じ作者の本が読みたくなったので同書店で買った
 ・いつも買っていた作品(コミック)は、レンタルついでに同書店で買うようにした
 ・毎週、同書店に行くので、時々コミック以外の本も買うようになった
 ・TSUTAYAもあるので、ヨメさんが会員になり、CD、ビデオなど時々かりる
 ・セルCDやゲームなどもいくらか買った

これらは、書店側のマーケティングの観点で言えば、「商圏の拡大」「販売総量の増加」
「隠れたニーズの掘り起こし」「優良顧客の囲い込み」「他の商品への誘引」などに
成功してるのではないかと思います。
単に「新刊発売と同時にレンタルした時に、同じ本の販売が○%落ちた」という面だけではなく、本来売れるはずのなかったものが売れ、来ることのなかった客が来ているポジティブな側面も含めて、もっと多面的に分析しなければならないかも知れないですね。

もちろん、私のような人間が一般的ではないかも知れません。
顧客によっては、「本来買っていたが、レンタルで済ますようになった」人もいるでしょうし。
また、「同じスペースで別の商品を売ったら、それ以上の売上・粗利を稼げたかもしれない」といった機会損失のこともあるでしょう。そして、全体のコスト面との兼ね合いや中期的な変化の可能性(ブーム的要素なのか、今後も売上・利益の増加余地があるのか、など)も考慮に入れていかなければならないでしょうね。それらを全てシュミレートするのは、相当困難かも...。

仮にある店でレンタル・コミックがうまくいくからといって、その店舗だけでなく周辺のライバルもレンタルをやりだせば、当然、競争も厳しくなってくるでしょうし、レンタル価格をどう設定するか、レンタル解禁までの期間をどうするか、品揃えの規模をどうするか、などの問題も影響するでしょうから、やっぱり、難しい問題なんでしょうねぇ。

長々と書いてまとまらなくなりました。
一大ユーザー??としては、単純にすばる書店白井店さんを応援したくなるんですけどネ(笑)。
今後も、是非、続けてくださいね!!
[PR]
by teddy0021 | 2005-03-11 23:34 | ★お薦め?コミック