って言われても....それができれば苦労はない! LIONSにもこだわりあり!


by teddy0021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第37回 【 EAGLE 】

c0020030_2024566.jpg
第37回は、前回の「沈黙の艦隊」に続き、
かわぐちかいじ氏の「EAGLE」(イーグル)です。
コミックスは全11巻完結で、すばる書店白井店さんから
レンタルして読みました。
沈黙の艦隊」より後の作品です。

ストーリーは、大体、次のような感じです。
毎朝新聞記者の「城鷹志」は、母の富子の事故死の知らせで故郷沖縄の病院へ向かった。
父親を知らない鷹志は孤独の身となったところで、突然、
ワシントン総支局への転勤を命じられ、アメリカ大統領候補の密着取材を言い渡される。
それは、初の日系米国大統領候補「ケネス・ヤマオカ」からの依頼だった。
鷹志はいきなりヤマオカ陣営の修羅場に出くわすが、
颯爽とピンチを切り抜け、エネルギーに富んだ熱いスピーチを行う
若き大統領候補ケネス・ヤマオカ。
惹かれながら取材を始めた鷹志だったが
ケネスからの言葉は、「私は君の父親だ」だった....

沈黙の艦隊」も後半はかなり政治を扱う場面が多かったんですが、
これは、この「EAGLE」にも繋がっているような気がします。
かわぐち氏は、米国でかなり調査、取材活動を行ったようですね。
いろいろ勉強になります。
レーティングは★★★★(4.0)。
ケネスの大胆なパフォーマンス、大統領を目指す背景や信念、
両陣営の選挙の駆け引き、ケネスの養子レイチェルと鷹志の恋愛、
鷹志がケネスの隠し子と知っているケネスの妻の行動、
そして、鷹志の母とケネス、クライマックスに繋がる事件などなど、
いろいろな要素が詰め込まれたドラマに仕上がっていると思います。
ただ、かわぐち氏の描く女性は、ちょっと硬い印象の絵柄ですかね?
まあ、骨太の劇画タッチと壮大なストーリーが氏の特徴ですから、
恋愛部分はやや苦手...なのかも知れませんね。
[PR]
by teddy0021 | 2005-03-09 21:57 | ★お薦め?コミック